野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 長瀞  舟下りと奇勝奇岩 | トップページ | 長瀞  舟下りと岩畳 »

紅葉  長瀞の名残もみじ

荒川の河原へ下りていく土手から下流へと、川べりを歩くところにもみじの木がきれいに多くの葉を染めているが、少し見ごろを過ぎたという感じがする。

_8433

_8389

河原での岩と水の流れを楽しんだ後、もみじの木の下で上を見上げると、太陽の光を受けて赤や黄色に染まった紅葉の葉が重なりあって色の濃淡を演出して私を喜ばせてくれる。

_8405

_8412

ブラブラと歩きながら、真っ赤に燃える紅葉の木の下に来ると、近くを野鳥たちが飛び交う。よく見るとメジロである。忙しく動き回っているが、赤い紅葉の枝に来てくれないかと、頭の中で構図を練ってしばらく待ってみたが、期待外れで思うように行かない。

_8428

        メジロ

_8451

時間があればこの場所に一日いれば、いいアングルでレンズに収まってくれるかも知れないが、なかなかそうもいかないのであきらめて歩を進める。

_8381

_8438

公園の真ん中に、虚子の句碑がある。「ここに我句を留むべき月の石」 ”月の石紅葉公園”という名前はここからきているのかと思いながら眺めている。

_8484

        虚子句碑

_8421

朝は空いていたこの公園も人の数が時間がたつにつれてだんだんと多くなってきた。それぞれカメラを持っている人が多く、人影に邪魔をされるようになってきたので、川沿いを下流の岩畳の方向に歩いてみることにする。

« 長瀞  舟下りと奇勝奇岩 | トップページ | 長瀞  舟下りと岩畳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉  長瀞の名残もみじ:

« 長瀞  舟下りと奇勝奇岩 | トップページ | 長瀞  舟下りと岩畳 »