野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 景福宮  国立民族博物館(クンニブミンソクパンムルグアン) | トップページ | 古民家  トルハルパンを拝する »

韓国の鳥たち  スズメとカササギ

 異国での鳥たちとの出会いは非常に興味があるものである。時間が取れればゆっくりと、いろいろな地域で珍しい鳥にあえるかもと言う淡い期待も持っていた。

_6773_edited1

 

 韓国の場合は、それが意外と日本のようにどこにでも鳥がいるものではないと思うほどあまり出会わない。野鳥はいないのかと思っていたら、景福宮の慶会楼の周りを飛び回っている鳩ぐらいの大きさで尾の長い鳥がたくさんいるではないか。

_6945_edited1

 

 日本で言うカササギで、スズメ目カラス科の鳥である。地元の人に韓国ではなんと呼ぶのか聞いてみると、韓国では”カチ”と言われ幸福の鳥といわれているらしい。カチと言う名前は鳴き声からきている、日本でいえばカラス的存在でどこにでもいるとのことである。

_6968_edited1

 ”カチ”は古くから、作物の豊穣と幸福をもたらす鳥とされていて、「カチガ・ウルミョン」(カササギが鳴く)と聞くと何かいいことがある、家の近くでカチが鳴けば「今日は待ち遠しい人が来る」と言う知らせだと言われているらしい。

_6617_edited1

 日本ではカササギと言われ、佐賀県の県鳥になっている。海を渡ってきたとか、豊臣秀吉の朝鮮征伐で九州の大名が持ち帰ったとか言われているが、日本名はいろいろある。

_6973_edited1

 カチガラス、朝鮮烏(ちょうせんからす)、高麗烏(こうらいからす)、唐烏(とうからす)、筑後烏(ちくごからす)、備前烏(びぜんからす)、烏鵲(うじゃく)、喜鵲(きじゃく)などであるが、いずれも日本では北九州に多い鳥である。それでも最近では、生息地がかなり拡大されているようである。

_6674_edited1

 

 魏志倭人伝には「無、牛馬虎豹羊鵲」と書かれているらしい。女王卑弥呼の3世紀ころの日本には「ウシ ウマ トラ ヒョウ ヒツジ カササギ」はいなかったのだろう、その後何らかの方法で大陸から持ち込まれたと考えられる。

_6972

 

 なんだかんだといっても、幸福の鳥に出会えたのだからいいことがあるのだろうと期待をしながら、カチの行動を観察してみると、意外と近づいても地面の餌とりに忙しく逃げないようである。

_6963

 そのほかの鳥では、水原(スウォン)にいたのはスズメ、韓国語ではチャムセというが日本のスズメとほとんど同じであるが少し太っているようにも感じる。

_6627

 スズメに関していうと、韓国では、スズメの焼き鳥を食べるともの忘れが多くなると言う話があるらしい。軽い失敗や記憶があいまいだったり忘れ物をしたときは、”スズメの肉を食べたのか?”と言われるという。日本で言う”ミョウガを食べると物忘れが多くなると同じだろうか。また、完全に忘れたりすると”カラスの肉を食べたのか?”と冗談を言われるそうである。

_6629

 韓国でスズメは食べなかったが、最近、人の名前を思い出せないことが多いのは赤提灯でスズメを食べたせいなのかなと反省しきりである。年はとってもカラスの肉だけは食べないようにしようと心に決めた。鳥を見ながらの異国での学習でした。

« 景福宮  国立民族博物館(クンニブミンソクパンムルグアン) | トップページ | 古民家  トルハルパンを拝する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の鳥たち  スズメとカササギ:

« 景福宮  国立民族博物館(クンニブミンソクパンムルグアン) | トップページ | 古民家  トルハルパンを拝する »