野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオバン  朝もやに煙る河原 | トップページ | オオジュリン  多摩川の蘆原で »

天高く   秋雲の多摩川を歩く

 早朝から青空の多摩川、空高く秋の雲が刷毛で白いペンキをスーッとなでたように流れている。気温が下がり空気も澄んで遠くの山々も青空の下にきれいに見える。

_7239

        多摩川関戸橋を望む

 枯れ始めたススキの間を抜け河原に出ると、今日は河原の石ころの間にたくさんのハクセキレイが遊んでいる。近づくと少し飛んではまた降りてきて、私との間に一定の距離を保ちながら飛び回る。

_7246_edited1

        ハクセキレイ

 多摩川の中洲の広いところに出ると、石ころと保護色になっているようにイカルチドリがいて、近づく人影に敏感に感じて先のほうへと逃げる。

_7934_edited1

                   イカルチドリ

対岸の土手の上には、ジョギングをする人、サイクリングの人たちが青い空を背景に気持ちよさそうに並んで走っている。

_7242

       秋の雲        

 河原には、砂地のところに水がたまり鏡面のように空の雲を写して、そのほとりの石の上にちょこんと止まっているのはタヒバリ。

_7330_edited1

        タヒバリ

 水深の深そうな稲城の堰の水面にはカイツブリが数羽、水にもぐったかと思うといつの間にか違うところに顔を出して、見ている者をからかっているように遊んでいる。

_8122_edited1

         カイツブリ

_7364_edited1

         アオサギ

 それにしても空の青さがきれいだ、秋の雲は巻雲とか絹雲とも言われ細い雲が集まって陰影があまりないのが特徴的である。その青さの中を気持ちよさそうにユリカモメやアオサギがゆっくりと飛んでいる。

_7284_edited1

        ユリカモメ

 夏の入道雲のように力強さはないが、繊細で透き通るようなこの雲の流れが好きだ。ときおり上空を飛行機が飛んだ後に飛行機雲ができるのもこの季節が多い。

_7335

 青空に流れる巻層雲、枯れゆくススキの穂に止まる野鳥たちの姿を見ていると絵筆を取りたくなるような雰囲気になる。秋の空を眺め雲の移り変わりを楽しみながら、もの思いにふけるのもまたいいかなと思う。

« オオバン  朝もやに煙る河原 | トップページ | オオジュリン  多摩川の蘆原で »

空と雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/53265886

この記事へのトラックバック一覧です: 天高く   秋雲の多摩川を歩く:

« オオバン  朝もやに煙る河原 | トップページ | オオジュリン  多摩川の蘆原で »