野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ジョウビタキ  火を炊くときの鳴き声 | トップページ | 皆既月食 冬の夜空に欠けゆく月 »

日本晴れ  雲ひとつない空

 上信越自動車道を長野から松本方面に向かい明科のトンネルを抜けると正面に北アルプスの雄姿が見える。白馬三山の頂には雲がかかっているが、その他の北アルプス連峰はよく晴れてその姿が見える。

_9224

 中央アルプス方面は雲ひとつなく、いわゆる「日本晴れ」という感じである。昨日は雨で見られなかった山々が今日はうそのようにきれいに見える。ここにハクチョウが飛んでほしいと思いながら、コハクチョウの姿を探して安曇野の田んぼ道を走る。

_9221_edited1

              トビ

 採餌のためにねぐらを離れているハクチョウたちは、たぶんこの辺に居るだろうと思って田んぼの中を走っているが、いつも居るところにはいないようである。今日はどこに行っているのだろうかと思いながら見渡すが一羽の姿も見えない。

_9225

       五龍岳方面

 正面に見える常念岳、燕岳、針の木、爺ヶ岳、五龍岳から遠く白馬三山までが澄んだ青空の下に頭を白くした雪景色が映える。

_9249

       常念岳

 コハクチョウがねぐらにしている御宝田に帰ってくるまで待っても居られないので、そろそろ引き上げることにしたが、この天気と景色は捨てがたく後ろ髪引かれる思いで安曇野を後にした。

_9238

        御宝田貯水池

 まだ来年の三月ごろまではコハクチョウもここに居るだろうし数もさらに増えるかも知れないので、もう一度チャンスを狙って来ようと決めて帰路についた。

_9253_2

       八ヶ岳連峰           

 日本晴れの中央高速は、途中八ヶ岳の雪を被ったその姿もきれいに見せてくれる。中央高速道路最高地点1,015m付近では唐松や冬を迎える田畑の向こうにそびえる雄姿は思わず車を止めて眺めたくなる光景である。

_9252

              八ヶ岳

 中央高速の上り腺は空いていて快適に走る。しばらく走ると雲ひとつない青空の下に、日本一の山富士山がその雄姿を見せ付ける。やはり頂上に雪を被った富士山の姿は一番美しい。走っている場所によって裾野まで見せてくれるところ、五合目付近からしか見えないところといろいろあるが、高速道路上は途中で止まることができないのが残念である。

_9261             

             双葉SAより

 「日本晴れ」というのは雲ひとつない快晴の空をいうのであるが、正式には一割程度の雲があっても「日本晴れ」というようである。安曇野では北のほうに少し雲があったが、岡谷トンネルを抜け諏訪湖を越えてからは雲ひとつなく、まさしく日本晴れである。

_9259

  半ば嵐のような早朝に出た今回の旅も、帰りには雲一つない日本晴れで気持ちも晴れ晴れする。笹子トンネルを抜け快適に走る高速道路、日本経済のこの閉塞感のある長いトンネルはいつくぐり抜け日本晴れが見られるのだろうか。行動力のある責任を持った言葉を吐ける大臣に期待したいものである。

« ジョウビタキ  火を炊くときの鳴き声 | トップページ | 皆既月食 冬の夜空に欠けゆく月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本晴れ  雲ひとつない空:

« ジョウビタキ  火を炊くときの鳴き声 | トップページ | 皆既月食 冬の夜空に欠けゆく月 »