野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 梅は咲いたか桜はまだかいな  府中郷土の森 | トップページ | メジロ  梅にウグイス実は私です »

天体ショー  金星、月、木星が一直線

今年度最後の週が始まり、週明けの会議が終わり帰路に着く。いつも新宿の電車に乗るときにかみさんにメールを送る。

_1179

             上から 金星 月 木星

混雑した電車でも、文庫本を読んでいると30分ぐらいで家の最寄りの駅に着く。駅に着く前にトンネルをくぐるが、その時にポケットに入れた携帯電話のサイレントバイブが響く。

_1205

          2012年3月26日 19時51分

何事かとメールを見るとかみさんからのメールで、「きょうの空には月と金星と木星が一直線にきれいに並んでいるから見てみれば」というメールである。

_1189

         上弦の月

電車を降りて家へ向かう道すがら、西の空を見上げると明るい星が並んでいるところに上弦の三日月が割り込んで上下に一直線に並んでいる。

_1154

夜空を眺めながら家に入ると、かみさんが「すごい天体ショーでしょう」と興奮気味。部屋に入ると夕餉の香りと冷えたビールが並んでいるが、取り急ぎ着替えてからカメラを持って再び外に出る。

_1161

石段を登り開けた高台に出ると、三日月を挟んで二つのの明るい星がたてに並んでいる。宵の明星といって冬は金星がきれいに見えるが、、上弦の月の上に金星、その下に木星と周りの星もかすんでしまうくらいに明るく輝いている。

_1212

まさに、”一期一会”である。こんな素晴らしい天体ショーが見られるとは夢にも思っていなかった。好奇心の旺盛なかみさんのおかげである。週の初めからいいことがあり、今年度も良い年で締めくくれそうである。感謝、感謝 「謝謝」。

« 梅は咲いたか桜はまだかいな  府中郷土の森 | トップページ | メジロ  梅にウグイス実は私です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体ショー  金星、月、木星が一直線:

« 梅は咲いたか桜はまだかいな  府中郷土の森 | トップページ | メジロ  梅にウグイス実は私です »