野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« シロハラ  遅れてきてぴょんぴょん | トップページ | ウグイス  春を告げる前の地鳴き »

三月の鳥たち  早朝の公園を歩く

三月に入りひな祭り、啓蟄と春を呼ぶ24節気が次々と通り過ぎてゆく。娘が小さい頃は毎年押入れの奥深くにしまってある雛飾りを出して、部屋のよく見えるところに飾ってお祝いをしたものであるが、最近では娘も家にはいないので雛飾りを出すこともしなくなってしまった。

_8675_edited1

         シロハラ

雛飾りは、早く出して3月3日が過ぎたら早くしまわないと、婚期が遅れるとかで慣習にならってそうしてきたが、三十路を過ぎた娘はいまだにその気配はない。

_8862_edited1

        シロハラの正面顔

早朝の公園はまだ寒いせいかあまり人影は少ないが、犬の散歩をする人はいつも同じコースを同じスタイルで丘の方から降りてくるので、決まって挨拶をする。

_8840_edited1

        ツグミ

犬の散歩にカメラを持って歩いていると、意外と珍しい野鳥や空と雲、花などが発見できるといっている。立ち話で野鳥の情報交換をしながらその素晴らしい作品をみせてもらったりするのである。

_8667

        ヒヨドリ

中には、はがきサイズにきれいにプリントしたものをいただくこともあるが、その出来栄えは玄人はだしである。なかなかとれない場面を素晴らしい色と構図で描写している。

_8682_edited1

        ヒヨドリとツグミ  (今朝は寒いですな・・・)

今朝は、いつもと違うコースを歩こうと広い歩道から横に入り、丸太を横にして作った階段を昇って頂上にある東屋で一休みすることにする。近くではアオゲラの声が聞こえ、ヒヨドリやツグミの姿が見える。

_8874_edited1

         アオジ

階段を一段一段昇っていくと、ヒヨドリが眼の前の木の枝に止まってじっとしている。しばらく見ていると、今度はその枝にツグミが飛んできてヒヨドリの横の枝に止まっているではないか。普通であればどちらかが逃げるはずなのだが、仲良く世間話でもしているようである。

_8880_edited1

縄張り争いで大きな鳴き声で喧嘩をする鳥もいれば、仲良く静かにとまっている鳥もいる。この公園も雑木林の下草の手入れが進み、小さな灌木がきれいに刈り取られて鳥たちの隠れるところが少なくなっている。

_8788_edited1

        トラツグミ

そのせいか、灌木が茂っているところには小さな鳥たちが餌をとったりしながら、その小枝を飛び回っている。小さな鳥が時折姿を見せながら枝を揺らせては隠れてしまうが、朝のランニングの人たちが足音をたてて走り去ると藪から飛び出して見やすい小枝にとまる。

_6882_edited1

             エナガ

アオジのペアーである。アオジかとちょっと期待外れではあった。この辺りにはマヒワが姿を見せると聞いているが、まだ出遭ったことはない。トラツグミに逢えたので今度はマヒワに遭えることを楽しみに今日の一万歩に精を出すことにする。

« シロハラ  遅れてきてぴょんぴょん | トップページ | ウグイス  春を告げる前の地鳴き »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/54158042

この記事へのトラックバック一覧です: 三月の鳥たち  早朝の公園を歩く:

« シロハラ  遅れてきてぴょんぴょん | トップページ | ウグイス  春を告げる前の地鳴き »