野鳥たち

  • アカショウビン
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ビンズイ  警戒心の浅いキヒバリ | トップページ | セッカ  菜の花に似合う鳥 »

雨の休日  最後の桜と鳥たち

冬に逆戻りしたような冷たい雨が降る休日、最近の天気予報は正確でよく当たる。気象予報士のお姉さんも明るい笑顔である。早朝から出かける予定であったが、事前に雨が予想されたので予定をキャンセルしていつも通りの目覚めである。

_3050_edited1

        雨の菜の花とツバメ(多摩川)

 窓を開けると本格的な雨、桜の花も散り、それに代わって新しい若葉が勢いよく出始めている。元気を出して多摩川河畔からいつもの公園へと、あいにくの雨ではあるが日課の一万歩を達成すべく少し大きめの傘をさして歩くことにした。

_3114_edited1

        イワツバメ

多摩川ではイワツバメが水面スレスレのところを往ったり来たりの飛翔をみせながら餌をとっているようである。川辺に雨にぬれ横になった枯れ枝にポツンととまっているにはカワセミ。

_2957_edited1

         多摩川のカワセミ  

公園の風景は、昨夜からの雨で桜の花びらもほとんどが散り、地面にたまった雨水に落ちた花びらが浮かんで雪が降ったようである。先週まではきれいな満開の桜を見せてくれたが、今日の公園は辺り一面散った桜の花びらで真っ白である。

_3185_edited1

木に咲いた満開の桜も目を楽しませてくれるが、散った桜もまた違う情緒を教えてくれる。そんな景色の中、雨にも負けず鳥たちは朝の採餌にいっしょうけんめいである。コツコツと音を立てているのは、ヤマガラとコゲラ。それぞれの音は微妙に違うのですぐにわかる。

_3190_edited1

鳥たちもずぶぬれになって毎日のお勤めである。葉桜になった枝に一羽のハシブトカラス、これも雨にぬれての嘴をきれいにする作業である。鳥類の中ではきわめて知能が高いといわれているが、ずぶぬれの姿はあまり格好いいものではない。

_3210_edited1

             コゲラ

雨の中、きれいな声で鳴いているのはウグイス。囀るのはオスのウグイスだが、ウグイス嬢とはこれいかに。姿は見えないが近くで鳴いているようである。時々警戒の鳴き声、「ウグイスの谷わたり」を発しながら雨の公園を楽しませてくれる。

_3217_edited1

         ヤマガラ

さすがに雨の日は公園を歩く人も少ない、それでも私の様なカメラを持った人もいる。自分をさておいて、こんな天気に「好きなんだな」と思う。冷たい雨とはいっても冬のそれとは違うので、まだ歩きやすい。

_3254_edited1

        ハシブトガラス

_3250_edited1

        散りゆく桜と若葉

春の陽気、一雨ごとの暖かさというが、今年の春の雨はちょっと違う雰囲気である。「春雨じゃ濡れて行こう」というわけにはいかない。桜の季節が終わっていよいよ初夏である。新緑の季節も待ち遠しい。夏鳥の渡りが楽しみな季節になる。

« ビンズイ  警戒心の浅いキヒバリ | トップページ | セッカ  菜の花に似合う鳥 »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/54476120

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の休日  最後の桜と鳥たち:

« ビンズイ  警戒心の浅いキヒバリ | トップページ | セッカ  菜の花に似合う鳥 »