野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コサギ  冠羽がみごと | トップページ | アカゲラ  たまには赤いのも »

多摩川の風景  鳥もいれば馬もいる

最近の日の出は早くなり、多摩川の土手につくころには太陽はかなり高く上っている。冬場であればまだ空も暗い中、東の空から太陽が顔を出してくるころに合流点に着いたものである。

_6557_edited1

         キアジシギ

新緑がきれいになってきた河原に聞こえてくるのは、葦原のオオヨシキリの声と上空に忙しそうに飛んでいるセッカの鳴き声である。

_6669_edited1

        セッカ

コサギ、カワウのいる河原の石ころの間に擬態色になって見えにくいが、キアジシギの姿が見える。

_6561_edited1

        キアジシギ

遠くで見ているとイソシギかと思っていたが、近寄って双眼鏡で覗いてみると足元が黄色く体がイソシギよりもひと回り大きいキアジシギである。

_6729_edited1

         ホオジロ

時が経つにつれて天気もいいので人出も多くなり、土手の上から川面を眺めている人たちが多くなってきた。そろそろ引き上げる時間である。

_6741_edited1

         ホオジロ

グラウンドでは早朝野球が元気に始まり、土手の上では太極拳のグループが演技を始めている。中国に行くとどこでも見る光景であるが、日本では珍しい。

_6776_edited1

         セッカ

河原の警察犬訓練場でも犬の訓練が始まっている。訓練する人も犬も朝が早いのに大変だなと感心しながら眺めていると、どこからともなく馬に乗った人たちが河川敷をやってくる。

_6859

どこから来たのだろうと疑問を持ちながらしばらく眺めていた。近くには、かつて牧場だったような景色のところはあるが、そこから来たのだろうかと思う、サイロと牛舎の跡は残っているが今は動物がいる雰囲気でもない。

_6867_edited1

       多摩川を渡る馬たち

下から見ていると馬に乗っている人は姿勢が良く、リズミカルに馬と動きをあわせて高所から見下ろしているので、さぞかし気分がいいのだろうと思う。

_6865_edited1

石ころだらけの足場の悪いところを何事も無いように歩き、多摩川の本流の浅瀬を見つけて対岸に渡っていく、見ていると五月のさわやかな空の下、流れる川を気持ちよさそうに横切っていく。

_6874_edited1

私も長靴でこの川を渡ることがあるが、水の中でこけないように歩くのが精一杯なのでうらやましいかぎりである。いつの日か、この多摩川を馬に乗って渡ってみたいものである。

« コサギ  冠羽がみごと | トップページ | アカゲラ  たまには赤いのも »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/54827412

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川の風景  鳥もいれば馬もいる:

« コサギ  冠羽がみごと | トップページ | アカゲラ  たまには赤いのも »