野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 白谷雲水峡  苔むす原生林 | トップページ | 紀元杉  太古の森の神秘 »

ヤクスギランド  天気予報の当たらない島

最近、東京では天気予報がよく当たる。スマートフォンなどでは、何時に雨雲が発生しますと連絡さえ届く。

_7687_edited1

ここ、屋久島では天気予報は全く当たらない。曇りのち晴れの予報に対して、朝から雨が降ることもあるという。

_7690

             古木の上に新芽

屋久島には、亜熱帯の気候から亜寒帯の気候まで日本列島各地の気候が詰まっているといわれる。

_7702

             ヒメシャラ

海岸近くは一年中ハイビスカスが咲き乱れる亜熱帯、山頂へ行くと北海道の様な冷涼な亜寒帯で、日本の縮図といわれ植生が垂直分布している。

_7701

             切り株更新

ヤクスギランドは安房から16kmで標高1000~1300mにある。海岸近くにある宿を出るときは空も明るく、天気予報は曇りのち晴れ、期待に胸を膨らませて原生林に向かう。

_7711

        荒川橋

車の高度があがっていくと、だんだんと雲が多くなり靄がかかってくるようになる。七曲の林道を一時間ほど登ると雨が降り出して、巨木が多くなり、苔むした木々が雨にぬれて植物がさまざまな表情を見せてくれる。

_7716

屋久杉は、樹齢1、000年以上の杉のことで、その中でも現在のところ最大とされているのが縄文杉だといわれている。縄文杉の本当の樹齢は定かではないが、一説によれば7、200年といわれている。

_7708

   ヤマグルマ 根を巻きつけ杉を絞め殺すこともある

樹齢1、000年未満の杉は、小杉と呼んで区別しているようである。今回は日程の都合とかみさんも一緒なので、この7、200年の縄文杉は次回の楽しみにした。

_7684

           くぐり栂

整備された雨にぬれた木道を歩いていると苔むした古木の間に、ヤクシカやヤクサルの姿を見ることができる。人間の姿を見ると森の奥の方に入ってしまうが、一般にシカもサルも小柄で毛がふさふさしている感じがする。

_7719

             岩の上に成育する

森の中に動物がいるということは、山ビルもいるということなので気をつけないといけない。木の枝から落ちてくるので、首から入ったりすると大変である。

_7724

          仏陀杉  樹齢1,800年 幹回り8.0m

山ビルの脅威は経験しているので、ここでは出あわないことを念じつつ歩く。幸い傘をさしているので直接は体に着くことはないだろうと思う。

_7718

_7726

潜り杉や潜りツガなど巨木の中を抜けたりしながら、太古からの大自然と歴史が作り出した緑の森を満喫しながら雨の登山道を歩く。

_7729

         双子杉

_7739_2                

               ねじれ杉

標高1,200mの屋久杉ランド付近は、雨模様であったが海岸近くに降りてくるとその雨もなく夕焼けがかすかに海を赤く染めていた。風呂に入り明日の晴れを祈りながら、島の焼酎「三岳」をロックで煽る。

« 白谷雲水峡  苔むす原生林 | トップページ | 紀元杉  太古の森の神秘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤクスギランド  天気予報の当たらない島:

« 白谷雲水峡  苔むす原生林 | トップページ | 紀元杉  太古の森の神秘 »