野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヤクスギランド  天気予報の当たらない島 | トップページ | 名滝名水の宝庫   大川(おおこ)の滝と千尋(せんぴろ)の滝を歩く »

紀元杉  太古の森の神秘

杉は世界で日本だけに生える固有種で、温暖多湿の日本の気候に適応する遺伝子を持っているといわれている。

_7680

対向車が来るとどちらかが広いところまで戻ってすれ違いをするような林道を1,000m以上登ったところに紀元杉はある。紀元杉は推定樹齢3,000年といわれ、樹高は19.5m、胸高周囲は8.1mの太古の巨木である。

_7668

樹木は大きくなると幹の中心部から腐り始め、空洞が広がって本体を支えきれなくなって、倒壊して一生を終るのであるが、屋久杉は幹材が腐りにくいため一千年以上も倒壊せずに生き続けられ、毎年幹の外側に年輪を作って巨木へと成長していくといわれている。

_7676

           紀元杉  樹齢3,000年

島全体を見てみるとどこにでも杉の木が見られ、一面緑の多い島であるが屋久島では、樹齢一千年以上の天然杉を「屋久杉」と呼び、一千年以下は「小杉」、人が植林した杉は「地杉」と呼んで区別している。

_7672

           栂の巨木

天然杉は標高500m以上に分布し、1,000m以上の高所が杉の適地だといわれ、登っていく道路わきにも数多くの大木が見える。水分と太陽の光が豊富なせいか、森の木々は枝先まで蘚苔類に覆われて、シダや灌木などが巨木の樹皮に着生している。

_7675

紀元杉のまわりにヤクシャクナゲのピンクの花がきれいに咲いているが、本土のシャクナゲとは少し違っている。シャクナゲの幹は大きく花は小さいのが特徴である。

_7665

紀元杉の周りは手すりのついた木道があり、周囲を一回りできるようになっていて、大きな幹に手を触れるとなにか元気が湧いてくるような気がする。

_7673

            周囲8.1m

雨上がりの巨木の森は、しっとりと靄が立ち上り幻想的な雰囲気を漂わせている。3,000年の長寿にあやかって周囲8.1mの樹皮に触れ招福を祈念しながら下山することにする。

« ヤクスギランド  天気予報の当たらない島 | トップページ | 名滝名水の宝庫   大川(おおこ)の滝と千尋(せんぴろ)の滝を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀元杉  太古の森の神秘:

« ヤクスギランド  天気予報の当たらない島 | トップページ | 名滝名水の宝庫   大川(おおこ)の滝と千尋(せんぴろ)の滝を歩く »