野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 野鳥の宝庫  高原での出あい | トップページ | 稲倉の棚田  田植えの盛り »

鏡池  新緑の静寂

毎年四季折々水面に映る戸隠山の変化を見にやってくる「鏡池」。いつもは晴れた早朝に池に着けるようにと考えて行動しているが、今日は少し時間が遅れてしまった。それでもせっかくだから池を覗いてみることにする。

_7374

早朝の曲がりくねった林道を走り、池のほとりに着くとそれでもまだ風が出ていなくて水面は静か、さざ波がやや出始めた感じではあるが、水面には池の周りの緑の樹木と残雪のある戸隠山を映していた。

_7358

         西岳

空に雲は少なく、西岳、八方睨みの姿をきれいに水面に映してして見せている。私は、山麓の新緑の季節の山の色が好きだ。もやもやとした灰緑色というか、日々変化するパステルカラー調のうす緑の濃淡が何とも言えない。

_7373_edited1

そんな新緑の向こうに、青空の下、青い山並みに白い雪を険しい沢に残した戸隠山の八方睨みが立ちはだかる。のこぎりの歯のような蟻の門渡りは見るからにその険しさを感じさせる。

_7368_edited1

              八方睨

池の水面に上下対称に映る戸隠山を眺めていると、若かりし時に山登りをしたことを思い出す。今でも気力だけは十分あるのだが、体力がついてこないのが現状である。無理をしないで自分の体力での山歩きを楽しみたいと心がけているが、なかなか思うようにはいかないものである。

_7359

_7383

最近は、奥多摩や丹沢、秩父などの山歩きが精いっぱいである。それでも2、000m近い山でないと、樹木が多く眺望が開けないので、目標とはしているが年に1、2回である。自分の足で歩けるうちに数多くの山を歩いて、未知の風景や鳥たちとの出遭いを楽しみたいと思うこの頃である。

« 野鳥の宝庫  高原での出あい | トップページ | 稲倉の棚田  田植えの盛り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鏡池  新緑の静寂:

« 野鳥の宝庫  高原での出あい | トップページ | 稲倉の棚田  田植えの盛り »