野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 早朝の雛鳥たち  多摩川を歩く | トップページ | 青いケシ  ヒマラヤンブルーに涼をもとめて »

ポピー  赤い花が一面に

遅れていたポピーが満開になったと聞いたので遅ればせながら昼頃から花畑へと足を向ける。

_2528

空に雲は多いが青い空が見える良い天気である。あいにく富士山は厚い雲にすっぽりと覆われてその姿を見せてはくれないが、近くの緑の山々を背景に赤いポピーの花が映える。

_2524

高原のさわやかな風に薄い紙のような赤やピンクの花ビラが揺れ、時折花びらの中にある濃い茶色のおしべが見える。

_2535

広い花畑の中にうずもれてみたい心境になる。花一輪でもきれいに見せてくれるポピーであるが、一面に花開くポピーもまた見ごたえがある。

_2536

花を見ながらゆっくりとひと回りすると、一つ一つの花がそれぞれの表情を見せる。富士山を望むが裾野を少し見せるだけで相変わらずの雲の中である。

_2546

この花畑は季節ごとにいろいろの花を見せてくれるが、ポピーが終わるとヒャクニチソウ、その次はひまわりになる。花と富士山の光景はこの場所が最高の場所である。

_2543

次の花を楽しみにしながら、風に揺れるポピー畑を後にして、腹が減っては戦ができないとばかりに、近くのお店でほうとうでも食べようと暖簾をくぐる。

« 早朝の雛鳥たち  多摩川を歩く | トップページ | 青いケシ  ヒマラヤンブルーに涼をもとめて »

コメント

遠くから見るポピーが好きです。

ありがとうございます。
やはり一面のポピーはきれいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポピー  赤い花が一面に:

« 早朝の雛鳥たち  多摩川を歩く | トップページ | 青いケシ  ヒマラヤンブルーに涼をもとめて »