野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 今朝の鳥たち  多摩川を歩く | トップページ | コサギ  頭に冠羽 »

ギンヤンマ  美しい緑のトンボ

ひところよりは朝夕が過ごしやすくなってきたような気がする。ロンドンオリンピック以来朝の4時ごろになると目が覚めてしまう。

_6423_edited1

睡眠時間は6時間ぐらいと決まっているのか、早く寝ると早く起きてしまう。寝だめ食いだめはできないというが、その通りで、目が冴えてしまうのでそのまま本を読んだりして時間を過ごす。

_6425_edited1

5時半ごろになると明るくなるので、早朝のウォーキングに出かける。すでに陽はかなり上って気温も上がり始めているのですぐに額には粒状の汗が流れおちる。

_6426

額にはバンダナを巻いて汗を防ぐと眼鏡に汗が落ちなくて歩きやすい。多摩川の土手の両側の法面は成長の勢いのよい草葉が覆って、道になっていた踏み跡が隠れてしまう。

_6428_edited1

その草葉をかき分けて土手を降りると、葦などの背丈の高い草木に周りを囲まれた小さな池がある。湧水池なので水は澄んで底が見え、大きな鯉や小さな魚などが泳いでいる。

_6437_edited1

水面には、アメンボが集団で足を広げて、鏡面の様な水面に足跡をつけて生活をしている。その水草の廻りを行ったり来たり、自分の縄張りを主張しているトンボ、ギンヤンマがスーッと飛んでいく。

_6446_edited1

美しい緑色をしたギンヤンマが池の上を自由自在に飛び回っている。自分の縄張りをもつオスはその縄張りにやってきたメスとカップルになる。

_6453_edited1

岸辺に腰をおろして見ていると、一組のカップルが誕生して産卵をはじめたようである。産卵をするときはオスとメスはつながったままで水辺の植物の茎などに卵を産み付ける習性がある。

_6461_edited1

真夏の恋の始まりである。「♪ ああ しあわせのとんぼよ どこへ おまえはどこに 飛んでいく・・・♪」 と、歌にあるが、来年もきれいな緑色で飛ぶ姿を見せてほしいものである。

« 今朝の鳥たち  多摩川を歩く | トップページ | コサギ  頭に冠羽 »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/55478226

この記事へのトラックバック一覧です: ギンヤンマ  美しい緑のトンボ:

« 今朝の鳥たち  多摩川を歩く | トップページ | コサギ  頭に冠羽 »