野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワセミ  早朝の多摩川 | トップページ | ギンヤンマ  美しい緑のトンボ »

今朝の鳥たち  多摩川を歩く

毎日夏らしい暑さで、今朝の空を見ると昨日と違っていかにも夏という雲である。いわゆる入道雲のような湧き立つ雲が青い空にもくもくと広がる感じである。

_6084_edited1

        モズの幼鳥

早朝のジョギングの人たちに追い抜かれる多摩川の土手を、左右に広がる緑の濃い自然保護観察地帯を眺めながらゆっくりと歩く。

_6244

        アオサギ

照りつける日差しは厳しいが、日陰に入るとそれなりに涼しい風が吹き抜ける。日陰に入って涼みながらホオジロの鳴き声を耳に河原への道を歩く。

_6336_edited1

獣道のような草木の中の人の踏み跡を歩くとブルーシートで囲んだホームレスの住み家にぶつかることがあるが、この近辺でも2,3軒はある。早朝なので睡眠の邪魔をしないように静かに脇道を通り抜ける。

_6326_edited1

        ホオジロ

河原に出ると、清流が岸辺の緑の草葉の陰を映して川底の小さな魚の姿も見せてくれる。上空にはカワウの群れがどこに降りようかと迷っているように大群で旋回している。

_6348

       カワウ

結局河原には降りずに、多摩川を横切っている高圧電線に止まって一休みというところである。カワウは最近ここをねぐらにしているらしい。今年は多摩川のアユも豊漁とかで水鳥たちの群れも多くなっている。

_6362

         電線のカワウ

多摩川の本流では水鳥たちに負けないで釣り人も、川の中に入って長い竿を流れに任せている姿もみえるが、獲物を釣り上げているところを見ることは少ない。

_6359

       涼を呼ぶ清流      

来週8月23日は処暑である。暑さも峠を越して後退し始めるころをいう。暑い暑いと言いながらも時間は着実に秋に向かって動いている。この暑さももう少しの辛抱である。

« カワセミ  早朝の多摩川 | トップページ | ギンヤンマ  美しい緑のトンボ »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/55461547

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の鳥たち  多摩川を歩く:

« カワセミ  早朝の多摩川 | トップページ | ギンヤンマ  美しい緑のトンボ »