野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« カワウ  朝食のにぎやかさ | トップページ | またまたノビタキ  河原の草原にて »

コスモス  河原に咲く秋桜

秋の高い空に昼間の陽射しも柔らかく、早朝の散歩の後、昼ごろから再び多摩川の河原を歩いてみる。

_2626_2

あわよくばコスモスにノビタキを期待して、京王線の鉄橋をくぐり、コスモスの花の咲く河原の広場へと足を向ける。

_2653

広場では、若い男女がソフトボールやラクロスなどを大きな声を掛け合いながらゲームを楽しんでいる。

_2635

コスモス畑に着くと、花は最盛期を過ぎたところで、花びらが散って実を結び始めているものもあるが、まだまだ、きれいな花を咲かせている。

_2649

コスモスの花には期待の鳥は来てくれなかったが、ナミヒョウモンでしょうか蝶々が忙しそうに、花から花へと飛び回っている。

_2663_edited1

そのコスモスの木陰では、老年の御夫婦が背なかをくっつけて芝生に座り、歌を歌いながら仲良くお花見をしている。微笑ましい光景である。

_2627

川沿いにある木々の枝には、カワセミとモズの姿、モズは木の天辺から得意の高鳴きを聞かせてくれる。群れで飛んでいるのはカワラヒワで、中洲の草木に止まっては、草の実を食べている。

_2648

青い空と刷毛ではいたような白い雲、その下で咲くコスモスは、白やピンク、赤、黄色の花びらを風になびかせ、岸辺に咲くススキの穂と合わせて、秋の雰囲気を満喫させてくれる多摩川河畔の昼下がりである。

« カワウ  朝食のにぎやかさ | トップページ | またまたノビタキ  河原の草原にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コスモス  河原に咲く秋桜:

« カワウ  朝食のにぎやかさ | トップページ | またまたノビタキ  河原の草原にて »