野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ジョウビタキ  賑わい始めた河原 | トップページ | ハイタカ   多摩川河原を歩く »

十月桜  公園の片隅で狂い咲き?

早朝の公園の駐車場の片隅に「ジュウガツザクラ」の木があり、これから満開になる。紅葉が始まるころに咲くので紅葉と桜が同時に楽しめる光景である。

_5120_edited1

この駐車場は8時45分に開場になっているが、管理人の人がいつも7時半には開けてくれるので、助かっている。

_5122_edited1

頭の中の構想は、ジュウガツザクラの木に野鳥が止まってくれたらと考えているのだが、なかなか自分の思うようにはいかないのが世の常である。

_5128

それでも、一日この桜の木の前にいたら何かしらは止まってくれるかもしれないと思うが、そこまではできないで素通りしてしまう。

_5133_edited1

公園をひとまわりしてきたが、鳥たちも少ないので早めに引き上げようと公園の駐車場にもどってくると、目の前の「ジュウガツザクラ」がきれいに花開いているので、望遠レンズからマクロに変えてファインダーを覗く。

_5136

このジュウガツザクラは4月上旬ごろと10月ごろに年2回開花するといわれ、春の方が花は大きいといわれている。花は十数枚で花弁の縁が薄く紅色になる。晩秋に咲く桜は少し幻想的である。

_5129

このように秋から冬にかけて咲く桜のことを、このジュウガツザクラも含めて総称して冬桜というようである。因みにジュウガツザクラの花ことばは「純潔」「精神美」である。眺めているとそんな感じもしなくもない。

_5160_edited1

ちょうど渡りの時期も終わり、紅葉の季節になる。静かな公園の片隅に咲くジュウガツザクラと共に、これから見られるだろう色づく木々の葉と、移動してくる冬鳥を期待して、狂い咲きとも言われるこの季節の桜を眺めながらそれを待っている。

« ジョウビタキ  賑わい始めた河原 | トップページ | ハイタカ   多摩川河原を歩く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十月桜  公園の片隅で狂い咲き?:

« ジョウビタキ  賑わい始めた河原 | トップページ | ハイタカ   多摩川河原を歩く »