野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ノスリ  寒風の多摩川河畔で | トップページ | エナガ  かわいいしぐさ »

ソウシチョウ  相思相愛の鳥

「相思相愛」などという言葉は、昔、結婚式のスピーチで聞いたことがあるが、最近ではあまり耳にしない言葉になってしまった。

_3541_edited1

ソウシチョウの名前の由来はそこからきているようである。つがいのオスとメスを離れ離れにすると、お互いを思ってなき交わすところからその名前があると言われている。

_3543_edited1

陽が西に沈みかけた公園を歩いていると、藪の中で「ジェッ、ジェッ、ジェッ」という地鳴きが聞こえるが、姿をなかなかみせない鳥である。

_3550_edited1

藪からはなかなか飛び出してはくれないが、しばらく待って見ることにした。そのうちに数羽が一斉に飛び出して、藪の上の樹木の横枝に止まって当たりを見回している。

_3558_edited1

赤い嘴に黄色と赤の喉元、目元が白くクリッとしたかわいい目、「声は聞こえど姿は見せず」のソウシチョウである。囀りは結構きれいな声を聞かせてくれるが、地鳴きを聞いているとその姿は想像できないほどである。

_3545_edited1

背景の紅葉の黄色の葉にきれいに写ってくれるといいなと思いながら狙っているが、動きが速いので姿を捉えるのが精一杯である。この思い知らずか、すぐにまた藪の中に入ってしまった。

_3561_edited1

公園の散策路に靴が埋まるほど積もった黄土色の木の葉を踏みしめ、帰宅へと足を向けた。ソウシチョウの名前の由来の意味をかみ締め、老後のあるべき夫婦像を考えながら歩いた枯れ葉散る公園散歩である。

« ノスリ  寒風の多摩川河畔で | トップページ | エナガ  かわいいしぐさ »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/56292321

この記事へのトラックバック一覧です: ソウシチョウ  相思相愛の鳥:

« ノスリ  寒風の多摩川河畔で | トップページ | エナガ  かわいいしぐさ »