野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ハギマシコ  群れで飛ぶ猿子(マシコ) | トップページ | シロハラ  地面より木の実 »

キクイタダキ  もう少しゆっくりして

公園をひとまわりすると、鳥たちの声がかなり多く聞こえるようになった。夏の間緑色の葉がこんもりと茂っていた樹木もすっかり葉が落ちて、幹や枝だけが残り鳥たちの姿も良く見えるようになった。

_5862_edited1

公園の景色も少し変ったように感じる。散策路の間から木々を見上げると何かすっきりとした景色に映り、遠くが透けて見える。間伐でもしたのかと見間違えるようである。

_5878_edited1

 最近は下草刈りも盛んに行われるようになり、公園の景色としてはすっきりして散歩をする人たちには好評なのだろうが、鳥たちにとっては隠れるところがなくなり住みにくい環境になりつつあるのではと危惧するところである。

_5879_edited1

 そのせいか、このところコジュケイの姿を見る機会が少なくなったような気がする。声は相変わらず大きく、昨年あたりまでは、散策路をチョコチョコと歩いて時々姿を現してくれた。

_5880_edited1

時には親子連れで目の前を横切ったりして、鉢合わせになるとあわてて藪の中に入っていくことが多かった。その隠れ家も少なくなって森の奥に移動してしまったのではなかろうかとも考える。

_5915_edited1

山の上の広場では相変わらずキクイタダキの飛来を待ちうける人たちが多い。シジュウカラやエナガの群れに混じって移動しているが、それぞれみんな動きが速く、追いかけるのが大変である。

_5945_edited1

なかでも、キクイタダキは特に速い。見分けるには体が小さく良く動く鳥を見つけけることである。あの速さで餌を捕っているのだと思うとその動きには感心する。

_5963_edited1

「君の姿を記録に残したくて、待っている人の気持ちも考えてよ」といいたくなる。少々スピード違反ではないかと思う。人間世界では制服警官に笛を吹かれてしまう場面である。

_5966_edited1

「私の思い君に通じず」で、忙しく枝から枝へと飛び移りながら次の餌場へと移動していく。それでもこの公園の中を巡回しているらしく、何回か周期的に姿をみせてくれるのは有難いことである。

_6011_edited1

やはり、キクイタダキのスピードに勝る撮影技術を身につけることが必要である。なんだかんだと言いながら、その姿を待ち続けている師走の公園散歩である。

_6021_edited1

 週末になるとこの公園で鳥たちを追いかけて楽しませてもらったが、早いもので今年も後残すところ一週間を切ってしまった。2014年にも大いに期待したいところである。

« ハギマシコ  群れで飛ぶ猿子(マシコ) | トップページ | シロハラ  地面より木の実 »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/56388590

この記事へのトラックバック一覧です: キクイタダキ  もう少しゆっくりして:

« ハギマシコ  群れで飛ぶ猿子(マシコ) | トップページ | シロハラ  地面より木の実 »