野鳥たち

  • ノゴマ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« シロハラ   ヒサカキを食べる | トップページ | エナガ  無視できない可愛さ »

キクイタダキ  証拠のキクの御紋?

いつもの公園の陽だまりには多くの人が出て、家族で遊んでいる光景が見える。典型的な冬型の気圧配置でこの公園も太陽の陽射しであたたかである。

_4551_edited1

上り下りの多いこの公園も少し歩くと汗ばんでくる。数多くの種類の冬鳥が来ているので、公園の中もそのターゲットによりそれを狙うカメラマンの塊がそれぞれの場所にできている。

_4608_edited1

公園を通る人も、「何を狙っているのですか?」と聞いていく。今日の狙いはキクイタダキで、早朝にも待ってみたが時間切れで午後からの再登場である。

_4614_edited1_2

        頭の菊の御紋

早朝からずっと待っている鳥友さんもいて、様子を聞いてみると何度か姿を見せているが、いいところには出てくれないらしい。

_4629_edited1_2

 陽が西のほうに下がり始めたころ、ベンチに座って待っていたカメラマンたちがあわただしく動き始めた。本命が表れたようであるが、小さくて動きが速いので追いかけるのに精一杯でピントがなかなか合わない。

_4686_edited1

キクイタダキは全長10cmほどで、日本で見られる鳥の中では一番小さい鳥といわれている。体重は5グラム程度で全体がうすい緑色をしており、頭のてっぺんが鮮やかな黄色で菊の花びらが張り付いているように見えるのでこの名前があるといわれている。

_4628_edited1

とにかく良く動くので、ファインダーを覗いて追いかけてもすぐに見失ってしまう。追いかけているうちに同じような色のメジロに摩り替わってしまうこともある。

_4672_edited1

        キクちゃんとメジロ

後で、液晶画面で確認するとメジロがきれいに写っているではないか。苦労してメジロをおいかけていたようである。とにかくチョコチョコと良く動く。

_4683_edited1

そんなわけで、ピンあまの菊の御紋をつけた証拠写真だけは少し残せたようであるが、満足感はいまいちである。手持ちで、プロがやるように手の感覚でピントをあわせるスキルを身につけたいものである。この次はじっくりと大砲を構えて、菊様の姿をしっかりと液晶画面に残そうと思いつつ公園を後にした。。

« シロハラ   ヒサカキを食べる | トップページ | エナガ  無視できない可愛さ »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/56338170

この記事へのトラックバック一覧です: キクイタダキ  証拠のキクの御紋?:

« シロハラ   ヒサカキを食べる | トップページ | エナガ  無視できない可愛さ »