野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヒレンジャク  一見メタボ風のモヒカンルック | トップページ | カワセミ  立春も過ぎて »

イタチ  湧水池は動物園

先日の暖かい日に狸のペアーが顔を出したと思ったら、今日はイタチのペアーが池の周りを歩いている。

_7450

赤い鳥を待って鳴き声に耳をそばだてていると、視界に入ってきたのは赤い鳥ではなく、毛皮にすると高く売れそうなイタチの姿であった。

_7451_edited1

最近はタヌキ、イタチと鳥よりも動物の方が出が良いようである。まるで自然動物園と間違えてしまいそうな雰囲気である。イタチはニワトリなどを襲ったりするが、天敵は鷹やトビ、梟などである。因みにイタチの毛皮や毛筆は高級品である。

_7452_edited1

ここ多摩川の河原も最近護岸工事が始まり、川岸の雑木林の伐採が始まっている。年度末の帳尻合わせの様な工事で3月25日完成の計画で工事が進行中である。

_7446

どのような工事が完成するかはわからないが、重機が入り工事が進んでからは野鳥たちの声や姿が少なくなったような気がする。

_7455_edited1_2

伐採された場所の雑木林には、昨年トラフヅクが渡りの途中でその珍しい姿をみせてくれたところである。今年は同様に訪ねてきたとしたらねぐらが無くなってしまったという感じであろう。

_7458_edited1

災害予防の工事も大切であるが、自然環境保護の面でも配慮が必要である。イタチにまつわる言葉は、「いたちごっこ」・・・堂々巡りで物事が全くはかどらないこと。「いたちの最後っ屁」・・・追い詰められた時の最後のあがきのことなどで、あまり良い意味で使われることは少ないように思うが、タヌキやイタチが顔を出す、野鳥たちが渡りの休憩をするそんな自然環境を守りたいものである。

« ヒレンジャク  一見メタボ風のモヒカンルック | トップページ | カワセミ  立春も過ぎて »

コメント

イタチですか!
これはイイ出会いですね!!
昼間も行動しているのですね。
ペアーということは夫婦なんでしょうか?

ニシメガネザルさんありがとうございます。そうですね夫婦の様な雰囲気でした。
こういうのが居るから猛禽も多いんですね。

ニホンイタチの姿を見たいです、場所をどの辺りでしょうか

広明さんありがとうございます。
多摩川と浅川の合流点の清掃工場のある多摩川土手下の湧水池です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタチ  湧水池は動物園:

« ヒレンジャク  一見メタボ風のモヒカンルック | トップページ | カワセミ  立春も過ぎて »