野鳥たち

  • ノゴマ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 箱根の湯  渓流沿いの隠れ宿 | トップページ | イタチ  湧水池は動物園 »

ヒレンジャク  一見メタボ風のモヒカンルック

鳥見は2週間のご無沙汰になるが、方々からレンジャクの情報が入ってきていたので、早朝にヤドリギのある公園に足を向けてみた。

_6324_edited1

通常は群れで行動することが多いので、遠くから見てもよくわかるはずなのだが、ヤドリギのある大きな欅を見ると一羽しか見当たらない。

_6353_edited1

そのうちに仲間が現れるだろうと待っていたが、現われた仲間はカメラマンの方が多い。高い木の枝に止まっては食休みをした後、ヤドリギの実が熟している枝へと移動する。

_6368_edited1

ヤドリギの中に入ってしまうと、あの鋭いとがった冠羽の姿は見せずに嘴を伸ばして無心にヤドリギの実をついばんでいる。

_6416_edited1

ちょうど黄色く熟し始めたところで一番食べごろになってきたのだろう。毎週多摩川に向かう時に近くを通るので、注意して覗いてはいたがまだ青々としたヤドリギだった。

_6525_edited1

大きな樹木の横枝に止まっているその姿は、一見メタボ風のモヒカンに見える。どこかに人間でも同じようなスタイルの人がいたような気がする。

_6660_edited1

冠羽を立てるのは、緊張した時だといわれているが、時々そんな姿をみせながらも食欲旺盛である。

_6693_edited1

                 大好物のヤドリギの実

ヒレンジャクとヤドリギは共生しているといわれ、ヤドリギを増やすのは、レンジャク類の仕事である。

_6774_edited1

        ヤドリギ繁殖の手助けの糞

食べたヤドリギの実を消化して、高い木の上からヤドリギの粘りの強い種子の入った糞をすることが、寄生植物ヤドリギの発芽・養生を助けるとされている。

_6635_edited1

一見こわそうな顔付きであるが、ずんぐりとした体形やその羽根のきれいな赤色はバーダーを楽しませてくれる。大いに食べて、ヤドリギを増やしてまた来年以降もその元気な姿をみせてほしいものである。

« 箱根の湯  渓流沿いの隠れ宿 | トップページ | イタチ  湧水池は動物園 »

鳥見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/56731726

この記事へのトラックバック一覧です: ヒレンジャク  一見メタボ風のモヒカンルック:

« 箱根の湯  渓流沿いの隠れ宿 | トップページ | イタチ  湧水池は動物園 »