野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ウグイス  春告げ鳥の囀り | トップページ | カワセミ   伴侶探しに忙しい »

ソウシチョウ  群れで新緑を

いつもの公園では、桜が最盛期を過ぎ葉桜とまではいかないが、新しい葉が出始めたところもある。薄いピンクの花びらが散り始めて、公園内のコンクリートで丸太のように作った階段状の散策路が雪が降ったように白くなっている。

_8705_edited1

その散策路の階段のわきには、小さな紫色の花をつけたスミレが咲いている。そこに桜の散った白い花弁が落ちて、その紫色のスミレの花をさらに引き立たせている。

_8718_edited1

一段と低くなった広場に出ると、いつもは犬を連れた散歩の人や芝生で子供たちを遊ばせる家族連れがたくさん居るところであるが、あいにくの寒い天気のせいかその数も少ない。

_8731_edited1

それでも桜の花の木の下では、ブルーのシートを広げてお花見をしている人たちも数グループ見受けられる。

_8754_edited1

そのわきの芝生の上を桜の花を見ながら高台の方へ歩いていくと、聞きなれない鳴き声の野鳥の集団が緑の葉をたくさんつけた背の高い木の中にいる。

_8743_edited1

忙しく細かく動くので、メジロかなと思いつつ見ていると、メジロよりやや大きく雑木林の下の笹などがあるブッシュの中に入っていく。鳴き声をよく聞いてみるとソウシチョウである。

_8770_edited1

少し逆光気味で空抜けしてしまうので、シルエットしか見えない。少し廻りこんで見るとクルッとした目と赤い嘴が見えたのでソウシチョウと確認した。

_8686_edited1

十数羽の群れでシジュウカラとの混成群のようである。公園内の冬の間は裸だった樹木の枝に、新しい芽が出始めている。その新芽に取りついて新しい柔らかい葉を食べているようにも見える。

_8803_edited1

とにかく忙しく動くのと空抜けで、なかなかうまくその姿を捉えることができない。ソウシチョウはきれいな色をしているので、順光であれば見やすいのだが高い枝のところに飛ぶと空抜けになってしまう。

_8808_edited1

今日の公園は、ウグイスの声と桜の木の花弁を食べているヒヨドリばかりだったので、このソウシチョウの群れは、しばらくの間楽しませてくれた。収穫も少なく帰るところだったので満足して帰路につくことができた一日である。

« ウグイス  春告げ鳥の囀り | トップページ | カワセミ   伴侶探しに忙しい »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/57069399

この記事へのトラックバック一覧です: ソウシチョウ  群れで新緑を:

« ウグイス  春告げ鳥の囀り | トップページ | カワセミ   伴侶探しに忙しい »