野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ツバメ   雨の中飛び続けて急旋回 | トップページ | ツミ  あのツミか?  »

アオジ  ガングロになって

夏鳥たちがやってきて、渡りの途中で滞在する間は警戒心が強くて、あまり近くには姿をみせてくれないが、きれいな声だけは聞かせてくれる。

2

そんな中で、目の前のツツジの藪の中でごそごそと動いて期待感を持たせるのは、アオジである。

3

何か動いているのでじっと待っていると、姿をみせたのは高原への帰り支度が整ったのか、ガングロになったアオジの姿である。

4

夏になると高地へ移動する鳥たちは、それぞれ夏羽に衣替えをして移動を始める。ノビタキやオオジュリンなどは頭が黒くなるが、アオジは目先から喉にかけて黒くなる。

_1532_edited1

今年ももう5月の連休がすぐそこに来ている。夏羽になる鳥たちと同じように、人間の世界もクールビズになり夏羽ではないが、ノーネクタイで過ごせるようになる。

1

また、夏になると冷涼地に移動できる鳥たちのようにはいかないが、首の廻りのネクタイがないと幾らかでもその暑さを紛らわすことができる。少し明るい材料が見え始めた日本、この夏をなんとか乗り切りたいものである。

« ツバメ   雨の中飛び続けて急旋回 | トップページ | ツミ  あのツミか?  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオジ  ガングロになって:

« ツバメ   雨の中飛び続けて急旋回 | トップページ | ツミ  あのツミか?  »