野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« メスグロヒョウモン  鳥の少なくなった公園で | トップページ | ツバメ  緑一面に黒い飛翔 »

ヨシゴイ  ハスヨシを狙って

季節的にもどこでもハスの花がきれいに開いてきたので、ハスの花とヨシゴイをテーマに早朝から張り切って貯水池へ出掛けた。

_1569_edited1

        ヨシゴイ ♂

比較的早く着いたにも関わらず、すでに多くの同好の士の姿。陽はあまり強くなく撮影には絶好の日和である。

_1575_edited1

待つこと2時間、対岸からこちらに向かって飛んでくる「待ち鳥」の姿を発見。準備をして待つが、手前には来てくれず反対側のハスの花の茎がたくさん立っている中に入ってしまった。

_1657_edited1

少し風もあるので、大きな葉を付けたハスの茎も揺れている。そのせいでヨシゴイの動きもつかめないで姿を見せるのを待つばかりである。

_1691_edited1

足指でハスの茎をつかんで歩くので、静かなときはハスの茎が大きく動くと葉が揺れるので居場所が分かるのだが、本日は風がそれを邪魔している。

_1683_edited1

ハスの花の間から顔を出すのを待っていると、他の方角から低く飛んできた1羽が水上に浮かんでいるスイレンの葉の上に降りる。

_1916_edited1

日本で最も小型のサギ類ということで体は小さく、水上に浮かぶスイレンの葉の上を伝い歩きをしして小魚などを取っている。

_1950_edited1

スイレンの葉と葉の間を飛ぶようにして渡っては、首を低くして獲物を探している。時々足を踏み外して水中に落ちたりするが、体は小さく見えるが、羽を広げるとかなりの大きさに見える。

_1993_edited1

外から見ると黄褐色で保護色のようにあまり目立たないが、翼は初列風切と次列風切は黒く飛翔時にはそのコントラストがよく目立つ。

_2080_edited1

時々水草のうえを大きく羽を広げて飛んで移動するが、その時は黒い部分がきれいに見える。忍び足のようにゆっくりと歩きながら、水中を見て素早く嘴を突っ込んでは小魚を捕らえてたべている。

_2098_edited1

朝は蕾だったハスの花も大きく開いてピンクの花と緑の葉がきれいになってきたので、花の近くに来てくれないかと思いながら、ヨシゴイの移動方向を見ているが、思うように動いてくれない。

_1099_edited1

_2190_edited1

しばらくすると下流方向へと飛び去ったので、本日のハスヨシはあきらめて家路につくことにして、上りの坂道を後ろ髪惹かれる思いで振り返りながら池を後にした。

« メスグロヒョウモン  鳥の少なくなった公園で | トップページ | ツバメ  緑一面に黒い飛翔 »

コメント

嶺 こんにちは、この時期鳥さんの姿は何処でも難しいですねー blogは毎日拝見してます。頑張って下さい。

嶺さんいつもありがとうございます。
暑さもひところよりは凌ぎやすくなってきました。
暑さのせいかすっかり鳥たちの姿が少なくなり、元気なのは幼鳥達です。
人慣れしていない幼鳥達は意外な行動をみせてくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨシゴイ  ハスヨシを狙って:

« メスグロヒョウモン  鳥の少なくなった公園で | トップページ | ツバメ  緑一面に黒い飛翔 »