野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« セッカ   今日もセッカ | トップページ | アオサギ  多摩川河畔で »

ヒグラシ  清涼感を呼ぶ鳴き声

朝と夕方に「カナカナカナ・・・」と鳴くヒグラシ。午後の公園を歩くと鳥たちの姿や声はほとんど聞こえないが、大きな樹木に囲まれた散策路からはヒグラシの大合唱である。

_4515_edited1

       ヒグラシ オス

歩を進めて近づいていくと、敏感に反応してその鳴き声をやめてしまうが、静かに接近すると気がつかないで大きな声で鳴き続ける。

_4545_edited1

「カナカナカナ」という鳴き声は、アブラゼミやミンミンゼミ、ニイニイゼミなどと違って軽やかで耳元に清涼感を与えてくれる。

_4560_edited1

      ニイニイゼミ オス

その鳴き声と共に森の中に少し涼しげな風が流れる。たぶん遠くで夕立でもあったのだろう。木々の間を吹き抜ける風が気持ちいい。

_4593_edited1

           ミンミンゼミ  オス

これだけヒグラシがまとまって鳴いているのも珍しいと思うが、ニイニイゼミやミンミンゼミの声がかき消されている感じである。

_4521_edited1

            ヒグラシ  オス

よく見るとどの樹木にも複数のヒグラシが取りついて鳴いているようである。足音をたてないようにゆっくりと進みながらその姿を探していると、突然目の前の草木の幹にぶら下がるようにヒグラシが止まる。

_4573_edited1

           ヒグラシ メス

よく顔を見てみると、どうもメスのようである。セミのメスはオスのように大きな声で鳴かない。じっと樹木に止まって、樹液を吸ったり卵を産みつけている姿が多い。

_4535_edited1

      ヒグラシ  オス

セミが鳴く仕組みは、オスは腹部に発振膜がありそれを震わして鳴く。オスのお腹は空っぽなので発振膜からでた小さな音は共鳴して大きな音になる。

_4529_edited1

     セミの抜け殻

鳴かないメスは、おなかの中には産卵の仕組みが入っているので音がでないのである。7年間土の中にいて地上に出て1週間の命といわれるセミ達、短い夏を精一杯生きてほしいものである。

« セッカ   今日もセッカ | トップページ | アオサギ  多摩川河畔で »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/57927932

この記事へのトラックバック一覧です: ヒグラシ  清涼感を呼ぶ鳴き声:

« セッカ   今日もセッカ | トップページ | アオサギ  多摩川河畔で »