野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« チュウサギ   飛翔するサギ達 | トップページ | コサギ   いろいろな表情 »

アオスジアゲハ  鮮やかな青のパステルカラー

 9月の声を聞くと季節では秋であるが、まだ日中の暑さは真夏のそれである。それでも朝夕は少し過ごしやすくなってきたのでうれしい。

_0990_edited1

最近はクールビズとかで、夏の間はノーネクタイでビジネスもできるようになったが、今思うとあの暑いときによくネクタイをきちんと締めてスーツを着ていたものだと、古の思い出のように考えることがある。

_1001_edited1_2

9月に入ると暑い日を残暑というが、空を見上げると高い空に秋の雲があるかと思うと、真っ白なもくもくとわき上がるような夏の入道雲がそれに割って入ってくる。

_1052_edited1

そんな猛暑日に少しでも涼を求めて多摩川の河原を歩く。土手を降りて背の丈もある葦原をかき分けて、ごろごろとした石のある水辺に出て、流れの間を大きな石の上を伝わりながら歩く。

_1093_edited1

バランスを崩すと川の中に落ちてしまうが、靴が濡れるぐらいで済みそうな場所である。いつもいる水鳥たちが遊んでいるところに、大好きなアオスジアゲハの姿が見える。

_1164_edited1

普段の飛び方は敏捷で飛翔が高く、樹木や花の廻りをめまぐるしく飛び回っていることが多い。姿としては、翅は黒色で前翅と後ろ翅に青緑色のパステルカラーの帯が貫いている。

_1121_edited1

この、黒と青のパステルカラーの翅できびきびと飛び回る姿が気に入っているところである。水のあるところで吸水するときは翅を閉じて止まることが多く、なかなか止まって翅を開いている姿をみせてくれない。

_1123_edited1

今日の暑さに参ったのか、河原の水たまりでの吸水時間が長い。翅を閉じているときは翅の裏側のきれいな模様が見えるのでうれしいが、大きく両側に開いたところも見たいのであるが、そのチャンスを与えてくれない。

_1136_edited1

吸水場所を変えるときに飛び回るので、飛翔時にそのチャンスを狙うことにする。照りつける太陽の陽射しに額から流れる汗をぬぐいながら、足場に気をつけての撮影行である。

« チュウサギ   飛翔するサギ達 | トップページ | コサギ   いろいろな表情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオスジアゲハ  鮮やかな青のパステルカラー:

« チュウサギ   飛翔するサギ達 | トップページ | コサギ   いろいろな表情 »