野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コサギ   見事な捕食 | トップページ | ミサゴ   悠々と飛ぶ出遭い »

ツマグロヒョウモン  久々の公園を歩く

少し涼しくなって、早朝の公園は秋の虫達の声が一段と大きく聞こえるようになってきた。今朝は、河原にばかり向かっていた足も公園に向いている。

1

 早速日の出前の早朝の公園で出遭ったのは、それこそ久しぶりのコジュケイの家族、5羽の群れ。早速カメラを向けたが暗すぎるのか、シャッターがおりない。

2

そんなことをしているうちに、藪の中に隠れた子供たちも一斉に谷戸の藪の中に消えてしまった。聞こえるのは小さな鳴き声だけである。

3

そろそろ秋の渡りの夏鳥たちの姿が見え始めた公園の広場へと、上り坂を歩く。見渡す公園の樹木の実もそろそろ色づき始めた。

4

渡りの鳥たちが南方への長旅の体力をつけるために、栄養補給をする木の実は十分にそろっている。完熟するにはまだ時間が必要であるが、どんな鳥たちに遇えるか楽しみである。

5

廻りを見渡しながら歩く公園で木の枝が動くと、何かいるのかと一瞬緊張する。じっと双眼鏡で眺めて正体を確認すると、まだがっかりすることが多い。

_1744_edited1

 そうこうしながら公園を歩いていると、鳥は見つからないが目の前をひらひらと飛ぶ蝶の姿。朝露の残る葉の上に止まってゆっくりと翅を開いたり閉じたりしている。

_1754_edited1

ツマグロヒョウモンである。吸水作業中なのか葉の上に止まってなかなか動かない。いつもなら聞こえる鳥たちの声も今日は全く聞こえてこないので、ここで小休止である。

_1758_edited1

 先日出遭った夏鳥の仲間が来ているかと期待しながら歩いてみたが、それらしき姿は見えない。今日はツマグロヒョウモンで我慢しようと、高台から下る公園の坂道で小一時間ほどの観察である。

_1763_edited1

 秋の渡りの時期、公園での楽しみが始まる。先日発注しておいた「タカの渡りを楽しむ本」が届いた。着払いで届いたが、留守にしていたので、かみさんが払ってくれた。帰ってきたら、「立て替えて置いたけど、私からのプレゼントにするから」という言葉。

_1748_edited1

       平身低頭感謝の気持ち

いつもこういう風に機嫌がいいと嬉しいなと感謝したところである。もし高価なレンズを着払いで頼んだらこのようには行かないだろうなと思いながら、やってみる価値はあるかなと顔色を窺っているこの頃である。

« コサギ   見事な捕食 | トップページ | ミサゴ   悠々と飛ぶ出遭い »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/58180547

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモン  久々の公園を歩く:

« コサギ   見事な捕食 | トップページ | ミサゴ   悠々と飛ぶ出遭い »