野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 五能線   日本海の眺め | トップページ | 不老ふ死温泉  沈む夕日と絶景の露天風呂 »

十二湖  白神山地のふもとで

 国道101号線をさらに下ると、列車があまり来ない空きっぱなしの踏切を渡ると今度は五能線が左手に見え、海岸線に沿って線路が走っている。

_5803

            十二湖駅付近

 大波が来たらレールが水をかぶってしまいそうな距離である。大間越を過ぎて五能線と並んで走ると十二湖駅につく。人家も少ない駅前に大型の観光バスが並んでいる。

_5808

       日本キャニオン

 ガイドさんに聞いてみると「お客さんを待っているんです」という。ということは列車が着くということなので、その列車を待つことにした。

_5818

だが十二湖駅に止まるということは、”リゾートしらかみ”ではなく普通列車である。列車の到着を待ってから、駅前から右に折れて十二湖へと続く登り坂に入る。

_5827

       十二湖湖沼群

 見上げると白い山が見える。崩壊浸食によって白い岩肌がむき出しになった日本キャニオンである。間近に望める展望台があるので、車を駐車場において山道を30分登ることにした。

_5828

十二湖とは岩崎村にある湖沼群の総称で、実際は33の湖や沼が原生林の中に点在する。中でも有名なのが青池で、青インクを流し込んだような幻想的な水面の色が特徴でる。

_5847

白神出身の友人に「ほかの湖は見なくてもいいけど青池だけは見たほうがいいよ」と言われて来てみたが、数日前の台風の影響かその池の水面には落ち葉がいっぱいで神秘的な色はよく見えない。

_5825

白神山地の名勝暗門の滝への散策路もあるが、以前に行ったことがあるので湖沼をめぐる遊歩道のブナ林をのんびりと歩くことにした。

_5833

それぞれの湖沼の水面も波一つなく鏡面のようであるが、小鳥の鳴き声も聞こえてこない静寂である。ここで静寂を破る事件が起きる。

_5836

       落ち葉の青池

かみさんが上着をどこかに忘れてきたことに気がついた。一時は諦めかけたが、「買ったときは高かった」とか、「好きな上着だった」とかつぶやいているので、心当たりがあるとすれば日本キャニオンの山道でである。

_5839

 あまり人通りはなかったので、帰り道にその散策路を探してみることにした。上りのきつい山道であるが、上着を探しながら駆け足で登って見ると、頂上付近の展望台の下に落ちていた。

_6004

 急ぎ戻って見つかったことを告げるとかみさんは笑顔で喜んでいた。今夜の地酒は飲み放題だと恩を売って、宿泊予定の不老ふ死温泉へと海岸沿いの道を愛車を走らせたのである。

« 五能線   日本海の眺め | トップページ | 不老ふ死温泉  沈む夕日と絶景の露天風呂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十二湖  白神山地のふもとで:

« 五能線   日本海の眺め | トップページ | 不老ふ死温泉  沈む夕日と絶景の露天風呂 »