野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« セッカ  ススキの穂先で | トップページ | モズ   よく通る声 »

チュウサギ  大きさも中ぐらいかなおらが秋

 シラサギという言葉は耳に心地よく聞こえる。白い鳥の姿は水の青にも、草木の緑にもよく映え、ゆっくりと優雅に飛ぶその飛行の様子は見ごたえがある。

_4685_edited1

 多摩川の河畔を上流へとのんびりと歩いていくと、川原の踏み跡の散策路の露払いをしてくれるのは、イナゴとバッタである。

_4694_edited1

 時々飛び出すのはひばりの姿とカワラヒワの群れである。そんな川原の水の中にダイサギとアオサギに混じって、二羽のチュウサギの姿がある。

_4690_edited1

 対岸の岸辺に上がって何か狙っているようである。いつも魚ばかりを食べているので、たまには野菜をというところでしょうか。それとも好物の昆虫でもいるのだろうか。

_4680_edited1

 チュウサギはサギ類の中では干潟や河川にはあまり行かず、休耕田や湿地で昆虫やカエルなどを食べる。昆虫食の比率はシラサギ類の中では最も高いと言われている。

_4719_edited1

 それを見てかアオサギも同じところに向かっている。きっと美味しいものを見つけたに違いない。その争奪戦を見るべく待ってみたが、相変わらずの忍び足で次の行動が見えない。

_4721_edited1

 しびれを切らして歩き出すと、それに驚いてか警戒してか数メートル先の河原へと移動してしまった。上流へと足を進め、そろそろコスモスが満開になる河川敷の公園へ向かうことにした。

« セッカ  ススキの穂先で | トップページ | モズ   よく通る声 »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/58289565

この記事へのトラックバック一覧です: チュウサギ  大きさも中ぐらいかなおらが秋:

« セッカ  ススキの穂先で | トップページ | モズ   よく通る声 »