野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« マガン  白鳥になりきっている幼鳥 | トップページ | 紅葉  名残もみじの赤色 »

オオバン  好物は水草

 コガモやオナガガモが群れで動いている中、オオバンは単独でマイペースで水草を食べながら泳いでいる。

O1

 多摩川では群れでいることが多いが、ここでは黒い体に白い嘴で一人ぼっちでいる。比較的警戒心は強く、カメラを向けると得意の泳ぎで遠ざかっていく。

O4

 なかなか正面からの顔を見せてくれないで、後ろ姿が多くなってしまう。池の周りにある木製のベンチに腰をかけて、眺めていると、草を口にくわえながらこちらに向かってくる。

O3

 目を合わせないようにしてファインダーに入れると、嘴は白く額板も白い。以外に目は赤く見える。

O2

 オオバンを近くで見ることはあまりないので、観察するには良い機会である。水面で倒立したり、その場でジャンプして潜ったり潜水も得意である。

Dsc_2400_2083

 コガモ、ヒドリガモ、オナガガモなどは水の中から上がって、足元までくるが、オオバンは「キョンキョン」と高い鳴き声で遠ざかって行ってしまう。御法田の早朝の光景である。

« マガン  白鳥になりきっている幼鳥 | トップページ | 紅葉  名残もみじの赤色 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオバン  好物は水草:

« マガン  白鳥になりきっている幼鳥 | トップページ | 紅葉  名残もみじの赤色 »