野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ミヤマホオジロ  懐かしの冠羽 | トップページ | ルリビタキ  春らしく »

イカル   出会い頭

 今回の東京の大雪は各地で色々な被害をもたらしているが、公園の散策にもいつもと違う神経を使う影響がある。

_3071_edited1

 何故かと言うと足元が悪いので目線が下に向いてしまう。普段は足元を気にせず樹木の上の横枝や鳥の気にいりそうな梢を探して歩いているのである。

_3060_edited1

 比較的地上を歩いていることが多い鳥を探すときは目線が低いので雪道でも問題はないが、大体は上を見上げて歩いていることが多い。

_3066_edited1

 雪の残る公園の坂道の散策路、凍りついて滑りやすいので歩きやすいところを選んでゆっくりと歩いてふと空を見上げると、目線の小枝に嘴の黄色のイカルの姿がある。

_3051_edited1

 懐かしい姿である。今シーズンはこうして時々単独で姿を見せてくれるが、いつものように集団で飛んできて「キィーコーキー、キョコ、キー」という独特の澄んだ明るい声を聞くことがない。

_3059_edited1_2

 これも雪の影響での出会いかも知れない。地上の餌が探しにくいのでそろそろ桜の新芽を狙っている斥候役なのだろうか。

_3074_edited1

 そうだとすれば雪の影響でも被害ばかりでなく、鳥見族にとっては良い雪であるという出会い頭のイカルのすがたであった。黒い顔に黄色の大きなくちばしの群れでの出会いも期待できそうで楽しみが増えた早朝の公園である。

« ミヤマホオジロ  懐かしの冠羽 | トップページ | ルリビタキ  春らしく »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/59194379

この記事へのトラックバック一覧です: イカル   出会い頭:

« ミヤマホオジロ  懐かしの冠羽 | トップページ | ルリビタキ  春らしく »