野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コガモ  上流の渓谷で | トップページ | オオタカ  早朝の河原で »

メジロ   寒梅でウメジロ

風がないと暖かい冬の日差しの中、昼下がりに近くのいつもの公園を歩いてみた。日陰は霜柱があるようなところでも歩いていると汗ばんでくる。

Mj8

公園散歩の人の中には、上着を脱いで半袖で歩いている人もいる。公園の梅の木が並ぶ傾斜地に行くと、その木の梅が白い花を開かせ始めた。

Mj2

その花を見て、暦通りに二月に入ってもう梅の花の季節なのだと実感した光景である。その傾斜地にある古い木の切り株に腰を下ろして花を見ていると数羽の小鳥たちの姿。

Mj4

メジロ、エナガ、シジュウカラの混群である。エナガは梅の木を素通りして隣の松の枝に群れる。一方メジロは咲いたばかりの梅の木の花に夢中である。

Mj5

忙しく動き回っては逆さになったり、となりの花に飛び移ったりと相変わらずの落ち着きの無さである。お陰で追いかける方もたいへんである。

Mj6

公園を歩く人も多く、梅の開花を見ては足を止めてその季節感を味わっているようであるが、犬の散歩の人が来ると鳥たちも一斉に飛び去ってしまう。

Mj7

今日は小春日和の陽気であるが、寒い寒いといってももう二月になり、今月は28日しかなく短い。もうすぐ三月の声も聞こえるようになる。

Mj1

寒梅とはいえ花が咲くようになるとなぜか心が浮き浮きしてくる。この梅の花にこれからどんな鳥たちがやってきて私の被写体になってくれるのかと思うと、考えるだけで楽しくなるものである。

« コガモ  上流の渓谷で | トップページ | オオタカ  早朝の河原で »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/59062379

この記事へのトラックバック一覧です: メジロ   寒梅でウメジロ:

« コガモ  上流の渓谷で | トップページ | オオタカ  早朝の河原で »