野鳥たち

  • アカショウビン
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオジ   そろそろ旅たち | トップページ | ウタツグミ  騒動のあと »

カワセミ  からホバリング

 暖かい風と春らしい陽気に誘われて早朝から多摩川を歩いてみた。野鳥たちも賑やかな囀り合戦である。

Ka11

 一番大きな声はシジュウカラの囀り、続いて大きな声はコジュケイ、まだぎこちないウグイスの声。

_0661_edited1

川面ではカワセミが賑やかに飛び交いお互いに伴侶を探しているようである。一羽が石の上に止まっていると、何気なく近づいてみるが相手に逃げられてしまっている。

Hb2

 河原を歩くと、枯れた草木の間から新しい新緑の草の芽が出始め、菜の花が黄色の花びらを広げ咲き始めている。

Hb3

 対岸にいたカワセミが飛び立つと、目の前でいきなりホバリングを始めた。空中から獲物を狙ってダイビングをしてくれるかと期待しながらファインダーを覗く。

Hb4

 しばらくホバリングを続けていたが、ダイビングは無しでそのまま川岸の木の枝にとまってしまった。

Hb5

 獲物が見つからなかったのか、それとも天気が良いのでデモンストレーションだっだったのか残念である。

Hb6 

 春の暖かい陽射しの中を歩いていると背中が汗ばんでくる。これからはこの河原も緑一面になり、色々な花が綺麗な色で賑わしてくれることだろう。

_0629_edited1

 それとともに渡りの鳥たちや夏鳥たちの姿も多くなって、賑やかな多摩川になってくる。楽しみである。

« アオジ   そろそろ旅たち | トップページ | ウタツグミ  騒動のあと »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/59375965

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ  からホバリング:

« アオジ   そろそろ旅たち | トップページ | ウタツグミ  騒動のあと »