野鳥たち

  • サンコウチョウ♀
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオジュリン  冬羽も最後か | トップページ | タヒバリ  いつもの河原で »

ガビチョウ   メガネのおじさん

 公園を歩いていてほとんど鳥たちの声も聞こえない時、大きな声で鳴いているのはガビチョウである。

Gb1

 時には落ち葉をガサゴソとかき回しているかと思うと、低空飛行で潅木の間を飛び歩く。またある時は、小枝にとまってウグイス気取りでさえずっている姿も見ることがある。

Gb2

 ガビチョウの名前の由来は、中国語の画眉から来ている。中国ではガビチョウのことを「画眉」(フアメイ)といい、日本ではそのまま日本語読みでガビチョウといっているのである。

Gb3

 鳴き声はよく聞いているときれいであるが、とにかく声が大きすぎる。それにいたずら好きで他の鳥の鳴き声を真似たりする。

Gb4

 初夏の頃にはコマドリの真似をしてカメラマンを翻弄することがある。見方によってはメガネをかけたおじさんの雰囲気があったりして憎めない鳥である。

Gb5

 よく見ると眼の周囲は薄い水色で、一見涙眼のように見える白い涙流模様が特徴的である。特に最近の繁殖力は強く、世界でもあらゆることで存在感を示している中国と同じである。

Gb6

 日本では特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっているが、よく観察すると楽しい鳥の一種である。悪いところもあるがそれには目をつむり、良いところを見出していこう。

« オオジュリン  冬羽も最後か | トップページ | タヒバリ  いつもの河原で »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/59389105

この記事へのトラックバック一覧です: ガビチョウ   メガネのおじさん:

« オオジュリン  冬羽も最後か | トップページ | タヒバリ  いつもの河原で »