野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ヤマブキソウ   鮮黄色の群生 | トップページ | キビタキ   続々と夏鳥 »

湯布院・黒川   温泉三昧

 五月の連休に人気の黒川温泉と湯布院の温泉巡りをしてきた。湯布院は雨こそ降らなかったが曇り空で、目の前の露天風呂から見上げる由布岳は、流れる雲間に時々その山頂を見せるだけである。

14_04_29__4074

 山麓の野焼の後に新緑の若草が出始めた放牧地には、黒毛の和牛や茶色のジャージー牛の姿が見える。

14_04_29__4095

 数年まえに来た湯布院の温泉街は、どこにでも白い蒸気の上がるひなびた情緒のある温泉の風景であったが、町おこしの一つか、こじゃれたお土産やさんが並ぶ若者の温泉街の雰囲気が漂う。

Dscn6571

 狭い温泉街の道路を歩く人の姿も若いカップルや若者のグループが多い。地元名物や地酒の試食や試飲をしながら歩いていると、結構良い気分になってくる。

Dscn6567

 一方黒川温泉の方は女性に人気のある温泉街だけあって、真ん中に流れる田の原川を挟んで28軒の温泉がそれぞれ露天風呂を持っている。

Dscn6577

 旅館の温泉は宿ごとに異なる泉質を持っており、泉質を選んで順番に湯めぐりをすることで、健康や美肌作りに効果があるといわれている。

Dscn6572

 ここでは杉の丸太に焼印のある黒川名物の入湯手形というのがあって、それを買うとどこの宿の露天風呂でも3か所に入浴できるようになっている。

Dscn6583

 渓流沿いに作られた山あいの静かな宿の露天風呂で、小鳥のさえずりや川のせせらぎを聞きながら、源泉の白い湯煙の中、新緑の柔らかい黄緑色の若葉を見ていると、日ごろの喧騒を忘れさせてくれる心地よさである。

Dscn6559

 もちろん風呂上りは、おいしい地酒と地元の名物料理が体を癒してくれる。露天風呂から満天の天然のプラネタリュームを仰ごうと思いつつ、重ねる盃に記憶が薄れていく温泉三昧の休日であった。

« ヤマブキソウ   鮮黄色の群生 | トップページ | キビタキ   続々と夏鳥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯布院・黒川   温泉三昧:

« ヤマブキソウ   鮮黄色の群生 | トップページ | キビタキ   続々と夏鳥 »