野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« エナガ   子育ても終わって | トップページ | ダイサギ   夏の装いで »

両子寺   仏の里国東を歩く

 両子寺(ふたごじ)は国東半島の中心にある。珍しいのは仁王像が石造りである。聞くところによると、国東半島は石造り仁王像の最大の密集地であるらしい。

14_05_01__3884_edited1_2

 さらに驚くのは、寺院はもちろんであるが神社にもその石像はある。両子寺の仁王像は、新緑の緑のうっそうとした森に囲まれた苔むした石段の参道に立っている。

14_05_01__3885

 今まで見た仁王像は木造で山門の中にあり、柵や網などで囲って全体像を見ることはなかなか難しい。

14_05_01__3891_edited1

 ここの石造仁王像は野ざらしで遮るものがないので、全体がよく見える。阿吽の呼吸といわれるその口元もよく見ることができる。

14_05_01__3894_edited1

 両子寺といわれるだけあって、申子子授け祈願袋が有名である。子宝にあやかりたい人は、必ず、夫婦同伴のうえ午の日に袋と供物と祈願料を添え参する習わしがあるという。

14_05_01__3896

 話上手な住職からそんな説教を聞きながら、新緑の静かな苔むした石段の境内を歩き、宇佐八幡の庇護の下で神仏習合の独特の信仰が形成された仏の里国東を覗いてみた。

« エナガ   子育ても終わって | トップページ | ダイサギ   夏の装いで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両子寺   仏の里国東を歩く:

« エナガ   子育ても終わって | トップページ | ダイサギ   夏の装いで »