野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« キセキレイ  意外な出会い | トップページ | イソシギ    河原にて »

スズメ   身近な鳥を見なおす

 スズメといえば人間と最も身近な野鳥の一つであろうと思う。最近は生息数が減っているといわれているが、カラスとガビチョウの数が増えているので、見かけることが少なくなったのかもしれない。

14_05_29__9292_edited1
     スズメの親子

 人と一番身近といっても、時には益鳥であったり、また害鳥に鳴ったりもする。おとぎ話に出てくるかと思うと酒のつまみになったりもする。

14_05_29__9354_edited1

 そういう意味では人とともに暮らすもっとも身近な鳥ではある。子供の頃はスズメはよく屋根の瓦のあいだなどに巣を作ったものであるが、瓦葺きの家が少なくなって最近はスズメたちの巣も多様化している。

14_05_29__9517_edited1

 早朝の公園を歩いていると、スズメのにぎやかな声が聞こえると思うと、道路のコンクリートの擁壁の排水パイプに巣を作っている。

14_05_29__9791_edited1 
 

    日の丸の典型?

 スズメの住まいも昔は木造の家、最近はマンション住まいといった感じである。普段鳥見のときはスズメには目もくれないが、最近身近な野鳥たちの生態を見直そうと思っているところである。

« キセキレイ  意外な出会い | トップページ | イソシギ    河原にて »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/59821555

この記事へのトラックバック一覧です: スズメ   身近な鳥を見なおす:

« キセキレイ  意外な出会い | トップページ | イソシギ    河原にて »