野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« トウネンとイカルチドリ  よく見ないと | トップページ | 百日草   霧に煙る元気花「ジニア」 »

ゆり  幻想的な白樺林の可憐な花

 待望のお盆休み、天気予報ではあまり良い天気ではなさそうである。それでも高原に涼を求めて早朝から出かける。

14_08_14__7604

 普段よりは少し車が多いかと思う高速道路を一路信濃路へと向かう。フロントガラスには雨粒がつくが、間欠ワイパーで拭き取りながら小淵沢の出口を下りる。

14_08_14__7639

 「花子とアン」の柳原白蓮の歌碑がある小淵沢の道の駅で、焼き立てのパンとコーヒーで軽い朝食を取りながら雨の止むのを待つ。

14_08_14__7649

 道の駅の駐車場は混雑しており、車で夜を明かした人や早朝に着いて一休みしている人たちでにぎわっている。

14_08_14__7662

 近くの農家の人が朝市をやっており、採りたての野菜や果物を格安に提供している。ビニール袋に詰め放題の小粒のトマトを入手。

14_08_14__7609_2

 高原への坂道を上ると、花の里の広い駐車場に出る。小雨が降る中、開園時間までしばらく待つことにする。

14_08_14__7633

 雨脚も弱まり霧雨になって幻想的な雰囲気の中、靄で霞む白樺林へと向かう。ゆりの花の最盛期は過ぎた感じであるが、まだ大きな蕾を持ったゆりの大きな花が咲いている。

14_08_14__7663

 白樺林の根元に咲く赤や黄色、ピンクと白いユリの可憐な花が、霧にかすみ幻想的な雰囲気を感じさせてくれる。

14_08_14__7683

 あいにくの雨模様ではあるが、ゆりの茎の葉や花弁に着いた露がその花の魅力をさらに引き立てているようである。小雨煙るゆりの花もまた魅力的である。

« トウネンとイカルチドリ  よく見ないと | トップページ | 百日草   霧に煙る元気花「ジニア」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆり  幻想的な白樺林の可憐な花:

« トウネンとイカルチドリ  よく見ないと | トップページ | 百日草   霧に煙る元気花「ジニア」 »