野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ノスリ   楽園も終わりか | トップページ | ウソ   冬鳥が次々と »

オカヨシガモ  地味なペアー

 ここのところずっと多摩川の河畔通いが多かったが、何か珍しい水鳥がいるのではという期待で、たまには近くの調整池を覗いてみることにした。

Ok

 新顔ではオナガガモとオカヨシガモ、コガモの顔ぶれが見える。水鳥は比較的オスが派手でメスはどれも同じというぐらいに地味で目立たない装いである。

Ok2

 そんな中でも地味なオスはこのオカヨシガモである。並んでみるとメスのほうが羽の模様がきれいに見えるときもある。

Ok4

 早朝の池の水面をペアーで泳ぎながらその波紋を丸く広げている。見ていると一緒に水の中に頭を突っ込んで餌を捕って仲のよいペアーである。

Ok3

 泳ぎも一緒、潜るのも一緒、餌を捕っているときはお尻丸出しで尾羽を上に立てて潜っている。わが家では、反りの合わないことも多くなっているが、羨ましい姿である。

« ノスリ   楽園も終わりか | トップページ | ウソ   冬鳥が次々と »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/60711049

この記事へのトラックバック一覧です: オカヨシガモ  地味なペアー:

« ノスリ   楽園も終わりか | トップページ | ウソ   冬鳥が次々と »