野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« オオタカ幼鳥   寒いのに水浴び | トップページ | キジ   儒教での勇とは »

ハヤブサ  狩りを期待するも

 多摩川合流点付近の大栗川は冬なので水量が減ってはいるが、鏡面のような川面、その透明度は川底が良く見え、水中を泳ぐ魚たちの姿が良く見える。

Hy1

 その水面に小さく丸い波紋を作って泳ぐのはカイツブリである。夏は多摩川の下流方向から太陽が上がってくるが、冬場は大栗川対岸の崖の向こうから陽射しが出てくる。

Hy2

 崖の上にある樹木に鳥たちが止まると陽射しを受けてその姿が見えるが、崖の中腹になると朝陽の逆光になって見えにくくなる。

Hy11

 朝陽を受けて高い樹木の上にいるオオタカの周囲をハヤブサが飛び交う。オオタカも向きを変えて飛び出しの準備。

Hy3

 ハヤブサは崖の上の大きな樹木の横枝に止まって、周囲を見回したかと思うと獲物を目指しての飛び出し。

Hy4

 それを追ってカラスたちが邪魔をする。しばらく大栗川上空を飛び回った後、崖の上の方に姿を消してしまった。

Hy5

 オオタカとハヤブサの登場は豪華でありがたいが、両方は追えないのでできれば別々に姿を現してほしいものである。

« オオタカ幼鳥   寒いのに水浴び | トップページ | キジ   儒教での勇とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハヤブサ  狩りを期待するも:

« オオタカ幼鳥   寒いのに水浴び | トップページ | キジ   儒教での勇とは »