野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« 写真展の開催  第二回「多摩の野鳥たち」   | トップページ | タゲリ  長い冠羽が見事 »

ソウシチョウ   見上げた先に

 枯葉の落ちた山道を歩いていると、斜面の上のヌルデの木の枯れた実にカラフルな鳥が群がっている。

So1

 下から見ているので胸のあたりは黄色でくちばしが赤い。珍しい鳥かと期待して双眼鏡をのぞいてみると、なんとソウシチョウの群れである。

So2

 ソウシチョウは漢字では「相思鳥」と書く。雌雄離しておくとお互いを求めて鳴き交わしを始めるところからその名がついたと言われている。

So3

 名前の由来はなぜかロマンチックな雰囲気であるが、現実のこの姿を見るとそのイメージはどこかに吹き飛んでしまう。

So4

 ここでもまた、食欲旺盛なかわいい鳥たちの姿が見上げたその先に見える。人間も鳥も三欲の場面はなりふり構わない本能で行動するようである。

« 写真展の開催  第二回「多摩の野鳥たち」   | トップページ | タゲリ  長い冠羽が見事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソウシチョウ   見上げた先に:

« 写真展の開催  第二回「多摩の野鳥たち」   | トップページ | タゲリ  長い冠羽が見事 »