野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« シドニー  シドニーハーバーと高層ビル | トップページ | ウルル、カタ・ジュタ  エアーズロックをを登る »

ブルーマウンテンズ   ユーカリの森

 経済や文化の中心地シドニーから西へ約100km、車で約1時間30分の所に世界自然遺産のブルーマウンテンがある。

14_11_29__5392

 最初はコーヒーの産地かと思っていたが、ユーカリの樹木が放つオイルが日光に反射して山々が青く見えることから、その名前が付けられたといわれている。世界にユーカリの木が600種類ぐらいあるが、その90%はここオーストラリアにあるといわれている。

14_11_29__5415
          ブルーマウンテンズ

 まず驚くのはそのスケールの大きさである。このエリアは原住民アボリジニの聖地といわれているが、日本のように鋭くとがった山脈は見当たらない。因みにオーストラリアの一番高い山は2,200mぐらいだとか。

14_11_29__5436

 展望台に立つと左手に見えるのは、スリーシスターズ。これには美しい3姉妹が魔王の手から逃れるために岩に姿を変えたまま、もとに戻れなかったという悲しいアボリジニの伝説があるという。

14_11_29__5405
          スリーシスターズ

 ユーカリの森の400m崖下に降りるトロッコ列車がある。これは世界一の傾斜を持つといわれているが、その通りで椅子に座るとかなり緊張する。その椅子もスリルを味わう度合いによって座る座席の傾斜が変えられるようになっている。

14_11_29__5437

 かつては、鉱山の産出物を運んでいたレールをそのまま使っているとのことで、迫力は満点、目の前にブルーマウンテンのその景観が楽しめる。

14_11_29__5452_edited1
          ワライカワセミ

 そのトロッコ列車を待っていると、目の前の枯れ枝に見慣れぬ野鳥の姿、よく見ると憧れのワライカワセミではないか。至近距離での出遭いに心が浮き立つ。

14_11_29__5394_edited1
           キバタン

 人間の笑い声に似ているというその鳴き声を聞いてみたいと期待して待ってみるが、全くその気配がない。その代わりと言っては何だが、カササギフエカラスの鳴き声が大きく響き渡る。

14_11_29__5389
          カササギフエカラス

14_11_29__5399_edited1
           トサカハゲミツスイ

 ここで出会った野鳥は、このワライカワセミとキバタン、カササギフエカラス、トサカハゲミツスイなどである。

« シドニー  シドニーハーバーと高層ビル | トップページ | ウルル、カタ・ジュタ  エアーズロックをを登る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーマウンテンズ   ユーカリの森:

« シドニー  シドニーハーバーと高層ビル | トップページ | ウルル、カタ・ジュタ  エアーズロックをを登る »