野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ソウシチョウ   見上げた先に | トップページ | オシドリ   どんぐりが好物 »

タゲリ  長い冠羽が見事

 オーストラリアのウルルには頭に冠羽のあるレンジャクバトがいた。鳩に冠羽があるというのは珍しかったが、日本に帰ってみると冠羽のあるタゲリの季節だと思い出した。

Tg4

 田んぼの貴婦人とか田んぼの貴公子とか言われるように湿地帯を好み、晩秋から冬の借り入れの終わった田んぼに集団で飛来する。

Tg1

 そうは言っても簡単に見つかるものでもない。広い田んぼのどこにいるのかはわからないので、農道をゆっくりと歩いて探す。

Tg2

 結構警戒心が強いのですぐに飛び立ってしまう。ただわかりやすいのは「ミューミュー」と猫のような鳴き声をすることである。

Tg5

 背中と翼上面は光沢のある緑色をしているので、光の加減ではきれいに見える鳥である。残念ながら本日は多少小雨の混じる曇天である。

Tg6

 広い野原には約40~50羽ほどのタゲリの姿。天敵が来たのか人の姿に警戒したのか、突然一斉に飛び立ち、上空を旋回した後にまた三々五々地面に降りて採食を始める。

Tg7
           正面顔は昆虫に似ている?

 ちょうど一羽が近くに降りて、地中の虫を探しながらちかづいてくる。こちらも動かないで近づくのを待つ。

Tg8

 そんなことをしながら数時間遊んでいると、タゲリの背中にも小さな雨粒がが目立つようになってきた。そろそろ切り上げ時かと思うが、なかなか遭えない鳥なので後ろ髪引かれる思いで帰り支度をした。

« ソウシチョウ   見上げた先に | トップページ | オシドリ   どんぐりが好物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タゲリ  長い冠羽が見事:

« ソウシチョウ   見上げた先に | トップページ | オシドリ   どんぐりが好物 »