野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« センダイムシクイ  渡りの途中下車 | トップページ | ツバメ   巣作りに忙しい »

オオヨシキリ  いつも大声で

 夏日の陽射しの多摩川土手を歩くと、中洲の緑が濃くなってきた葦原からオオヨシキリの大きな鳴き声が聞こえてくる。

Oyk1

 「ギョギョシ、ギョギョシ、ケケシ、ケケシ」とにぎやかに囀る。この鳴き声を聞くと夏が来るんだと感じる。

Oyk2

 お世辞にも外見も声も決してきれいな鳥だとは言えないが、嘴を大きく開いて橙赤色の口の中を見せてにぎやかに囀る。

Oyk3
    囀っていないと変なおじさん顔

 思いきり囀っているからと少しでも動くとすぐに葦原の中に入ってしまう。しばらくの間待っていると、再び出てきて近くの大きくなったイタドリの先に止まる。

Oyk4

 この鳥は大きな口を開けて囀っている姿が一番よく似合う。何もしないでいると見過ごしてしまうほどで、この一時期だけが天下である。

Oyk5

 ちなみに同じ仲間でコヨシキリがいるが、その違いは名前の通り、体はオオヨシキリより二回りほど小さく、囀り方も違う。

Oyk7

 その囀る時の口の中も赤色ではなく、黄色であることが判別の見分け方になる。陽射しで額が汗ばんでくる河原でのオオヨシキリの仰々しい鳴き声観察である。

« センダイムシクイ  渡りの途中下車 | トップページ | ツバメ   巣作りに忙しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオヨシキリ  いつも大声で:

« センダイムシクイ  渡りの途中下車 | トップページ | ツバメ   巣作りに忙しい »