野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« フクロウ  雨降りの回顧 | トップページ | ブッポウソウⅡ  ポイントⅡ巣立ち »

ブッポウソウⅠ   巣立ち雛

 ブッポウソウが巣立ちを始めたというので、休日の早朝から営巣地へ向かう。先週は出張続きだったので疲れていたが、事、鳥のことになるとそれもどこへやら。

Bps1
             メスへの餌渡し

 先週は、仙台、山形、から大阪、奈良、宮崎、鹿児島とまわり週末に羽田について、自宅に帰ったのは夜の9時半ごろであった。

Bps2
      巣箱で待つ雛へ

 ビールをいっぱい飲んで一休み、午前3時には家を出た。現地に着いたのは7時である。本来は6時半の予定であったが、道を間違えて30分のおくれである。

Bps3

 すでに陽は上り、巣立った3羽の雛と親鳥が空を飛びかう。ひな鳥はまだ自分で餌をとれないので、近くの樹木の枝や電線に止まって親の給餌を待っている。

Bps7
      巣立ちをして餌をねだる雛(4番目)

 観察場所では2、30人のカメラマンが、青い空に白い雲が残る緑濃い南信州の山間に大きなカメラを構える。

Bps6
       親の飛翔

 現地の鳥友さんの事前情報で、後方にカメラを設置したほうが背景がきれいだということでで、空いている後方から狙うことにした。

Bps11
       巣立った雛の枝止まり

 巣箱の中にはまだ二羽の雛がいる。親鳥が盛んに餌を運びながらも、巣立ちを促しているようである。

Bps15
      枝で餌を待つ雛

 巣箱の丸い穴から嘴がまだ黄色の雛が、時々顔を出しては大きな口をあけて餌を要求する。体を半分乗り出してのその姿はもうすぐにでも巣立ちそうである。

Bps19
      生まれて初めての暑さの体験

 その雛の巣立ちの瞬間を狙っているので、ほかに目が離せない。10日に最初の雛が巣立ってすでに三羽が巣立っている。

Bps22
      末っ子の給餌

 そのうち何度か親が巣箱に餌を運んできたときに、一羽が一緒に飛び出してしまった。シャッターは切れたがピンボケである。10時頃であった。

Bps24

 残るは一羽が何時に飛び出すかにかかる。巣箱を見てみると体をかなり乗り出しているので、すぐにでも飛び出しそうであるがなかなか出ない。

Bps27
      忙しく飛び去る親

 かなりの時間粘ってみたが飛び出さない。帰りの交通事情もあるので、現地の鳥友さんの推薦のもう一つのポイントを覗いてから帰路に就くことにした。

« フクロウ  雨降りの回顧 | トップページ | ブッポウソウⅡ  ポイントⅡ巣立ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブッポウソウⅠ   巣立ち雛:

« フクロウ  雨降りの回顧 | トップページ | ブッポウソウⅡ  ポイントⅡ巣立ち »