野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« アオバズク  巣立ちを期待して | トップページ | カイツブリ  ここでも子育て »

ツミ   子供たちその後

 台風の直撃はまぬがれた午後、明るい陽射しが見えてきたので、最近の運動不足をカバーするために河原から公園を歩いてみた。

Tm1

 増水した多摩川は、濁流が中洲を一気に飲み込んでいる。ハルシャギクやカワラナデシコなど砂礫に咲いていた花はその濁流の下である。

Tm2

 それより心配したのは河原にいたキジが、ちょうど巣立ちの季節なので、無事避難したかどうかである。

Tm3

 水かさが増した分河畔の鳥たちは、近くの草花に止まっているので、至近距離で観察できる。

Tm4

 公園ではツミの子供たちが、晴れ上がった空の下樹木の横枝で、まったりとしている。

Tm5

 やはり猛禽類は凛々しい姿の枝止まりである。座り込んでいるとどこか具合が悪いのかと思ってしまう。

Tm6

 そのうちに、元気に鳴きながら森の中を飛びまわって見せてくれたので一安心である。長男は独立して行動しているのか、見えるのは三羽の姿である。

Tm8

 この三羽は仲良く地面に降りたり、樹木の間を飛び交ったりしながら採餌をし始めている。そろそろ独り立ちの準備もできているようである。

 たくましい姿で来シーズンも会えることを楽しみにと思いながら公園を後にした。

« アオバズク  巣立ちを期待して | トップページ | カイツブリ  ここでも子育て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツミ   子供たちその後:

« アオバズク  巣立ちを期待して | トップページ | カイツブリ  ここでも子育て »