野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ブッポウソウⅡ  ポイントⅡ巣立ち | トップページ | アオバズク  巣立ちを期待して »

ブッポウソウⅢ  雛たちのしぐさ

 ジリジリと照りつける太陽の下、天竜川を見下ろす高台で最後の雛の飛び出しを狙ってファインダーを覗いているが、体半分乗り出してその気配を見せるが踏ん切りがつかないらしい。

Bph29
      飛び出しに思案気の雛

 当日は無理だろうとの判断で別のブッポウソウのポイントに移動。結局は13日の昼ごろに5羽目の最後の巣立ちの場面があったようである。

Bps555
      アンテナ上で餌をもらう雛

 今シーズンの雛の巣立ちは10日の11時ごろに最初の1羽の飛び出しで始まり、11日に2羽12日の10時半ごろに1羽が飛びだした。

Bps8
      4番目の飛び出しの最初は役場屋上の笠木

 巣立ちを終えた雛は近くの樹木の横枝や電線、アンテナなどに止まって大きな口を開けて親が持ってくる餌を待っている。

Bps20
      暑い・・・

 その姿は光の加減にもよるが、カラスより黒く見える時がある。嘴はまだうすい黄色でも翼の羽は青くなって、それを広げると白い斑紋はきれいに見える。

Bps18
      カラスじゃないよ!

 生まれて初めての強い夏の陽射しに羽を広げてその暑さをしのいでいる姿、羽をバタバタさせて親に餌を求める姿と、雛たちを見ているとそのしぐさが面白い

Bps333

     親に餌をアピール

 これから数週間、独り立ちの準備をして名実ともに一人前になって、天敵の脅威を逃れて無事に南方への旅立ちができることを祈るばかりである。

Bps10
      4番目の雛の飛翔を見上げる末っ子

Bps222
      雛の飛翔

 そうこうしている間にも、カラスやヒヨドリがブッポウソウの雛たちをいじめにやってくる。それを見た親鳥はスクランブル発進を何回も行う。

Bps444
              スクランブル発進

Bps13
       背中の青は見えてきた

Bps14
      嘴もオレンジになれば!

 子を見守る親の姿は人も動物の世界も同じである。「親の心、子知らず」といわれるが、我が家にはまだ孫の姿が見えずである。ところが、ここでは鳥たちの子孫は確実に繁栄への道が開かれている。

« ブッポウソウⅡ  ポイントⅡ巣立ち | トップページ | アオバズク  巣立ちを期待して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブッポウソウⅢ  雛たちのしぐさ:

« ブッポウソウⅡ  ポイントⅡ巣立ち | トップページ | アオバズク  巣立ちを期待して »