野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • セイヨウカラシナ
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • アイスパビリオン
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« コチドリ  独り立ち | トップページ | シカ  富士の裾野で »

ルリモンハナバチ  幸せを呼ぶ青い蜂を探して

 あいにくの曇り空、少し遠い公園に幸せを呼ぶ青い蜂がいると聞いたので、早朝から頑張って遠出をした。

Rrh2

 坂を上った小高い丘の草地の公園では、散歩やジョギングの人たち数人と行きかうが、人影は少ない。

Rrh1

 朝露の降りた草地を歩いて雑木林の散策路を降りると、平らになった散策路の両側には小さな紫色の花をつけたアキノタムラソウが群生している。

Rrh3

 幸せを呼ぶ青い蜂はどこかと、ゆっくりと草花をのぞきながら歩いていると、チョウやミツバチが飛び交う小さな花の中にその姿を見つけた。

Rrh4

 何と幸せを呼ぶ青い蜂は足元にいたのである。一見黒い蜂が飛んでいるように見えるが、よく見ると、黒い体に瑠璃色のきれいな胴体が特徴的である。

Rrh5

 まさに、青い蜂 「ブルー・ビー」である。アキノタムラソウの薄紫の小さな花に口を差し込んで蜜をすっては、忙しそうに次から次へと飛び回る。

Rrh6

 初めて見るブルー・ビーは新鮮な感動を与えてくれる。カワセミのあのコバルトブルーに魅せられて鳥見の世界に入ってしまったが、それに近い興奮を覚える。

Rrh7

 これから野山を歩く時には、昆虫類も注意して観察する必要があるなと思ったブルービーとの出会いであった。今後どんな幸せを呼んでくれるか楽しみである。

« コチドリ  独り立ち | トップページ | シカ  富士の裾野で »

公園散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/62130911

この記事へのトラックバック一覧です: ルリモンハナバチ  幸せを呼ぶ青い蜂を探して:

« コチドリ  独り立ち | トップページ | シカ  富士の裾野で »