野鳥たち

  • アカゲラ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ダイサギ   河原で | トップページ | ツバメ   田んぼの飛翔 »

カワウ   たまには主人公を

 早朝のカワウの群れが川に潜って漁をしているところを見ると、アユの放流がカワウのためにあるような気がする。

Kwu3
       平穏な朝

 アユ釣りの人が、蓑傘をかぶり腰まで水に浸かって一尾一尾釣り上げているのを見ると、百数羽の集団が一斉に川に降りて水しぶきをあげると、その優雅さはなくなる。

Kwu1
        文句あるのか?

 以前はこの多摩川にも、上野不忍の池をねぐらとするカワウの集団が、大編隊飛行のようにして早朝にやってきたものである。

Kwu2
       上等じゃねえか!

 それが最近は、多摩川にかかる高圧送電線をねぐらとして、ここに棲みつくようになってしまった。

Kwu4
       求愛?  バトルです

 懸垂線に垂れた送電線に等間隔で並ぶカワウの姿は壮観であるが、その下の河原の小石はカワウが落とした糞で真っ白になっている。

Kwu5
        野次馬も!

 見上げる電線に整然と等間隔で並んでいるカワウの姿はきれいに見えるが、その列を乱すものがある。どこの世界にもいる輩である。

Kwu6
       ハヤブサにも負けないスクランブル発進 攻撃か 逃げ出しか?

 隣どうしで喧嘩を始めたようである。ただ並んでいるよりは面白いのでレンズを向けてみる。鳥の少ないこの時期、たまには被写体になって主人公を演じてもらおう。

« ダイサギ   河原で | トップページ | ツバメ   田んぼの飛翔 »

早朝散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513775/62167637

この記事へのトラックバック一覧です: カワウ   たまには主人公を:

« ダイサギ   河原で | トップページ | ツバメ   田んぼの飛翔 »