野鳥たち

  • オオソリハシシギ
    野鳥たちの表情を表現できればと思っていますがショットが精一杯。

花たち

  • 姫扇
    気の向くままの足跡を紹介します

風景

  • 常陸海浜公園
    一期一会の心に残る風景

淡島の一日

  • 淡島から見るサンセット
    奈良の帰りに淡島に一泊。夕日と富士山がきれい。露天風呂から正面に富士山が見える。

四国・四万十川の旅

  • 金比羅宮
    2008年5月の連休の四国四万十川の旅

« ガビチョウ  暑さに負けず | トップページ | ホシゴイ  水辺のやんちゃぶり »

ゴイサギ  早朝のガマ原

 夏至も過ぎて夜が明けるのは少しづつ遅くなっているようであるが、それでも4時半ごろになると明るくなり始める。

Gsg1

 夜行性の動物たちに出会うためにはこの時間帯には現場にいないと遭遇は難しい。

Gsg2

 時間的に遅れると姿を見つけても眠っていることが多く、はっきりした顔を見ることができない。

Gsg3
        親子で

 久しぶりにゴイサギの塒をのぞいてみようと、近所の公園に足を向けた。高台からガマの実のなる池を見下ろすと、白と青黒い背中のその姿が4羽ほど。

Gsg4

 池の水辺には、今年の幼鳥だろうホシゴイが6羽ほど飛びまわったり、餌を捕ったりと活発に動いている。

Gsg15

 親のゴイサギも後頭部から出ている白い二本の飾り羽をなびかせて、ガマの実のなるガマ原を動き回っている。

Gsg17

 最近の撮影機材は光量が足りないところでもその性能は素晴らしいものがある。真夏の陽が照り始めるころには、ゴイサギはお休みの準備で葦原の中に隠れてしまった。

« ガビチョウ  暑さに負けず | トップページ | ホシゴイ  水辺のやんちゃぶり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギ  早朝のガマ原:

« ガビチョウ  暑さに負けず | トップページ | ホシゴイ  水辺のやんちゃぶり »